スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


エピペンの不具合による回収の警告が出ています

エピペンの不具合に関する情報がでています

 

 すでにご存知の方が多いかと思いますが、エピペンの不具合で針がでない可能性のあるロットが見つかりました。

 基本的には、メーカーから調剤薬局へ情報が伝わっているようです。調剤薬局からの情報で私は知りました。

 ただ、調剤薬局から私に連絡があったものの、患者さんへの連絡は薬局から行われていませんでした。

 なお、現状ではエピペンすべてではなく、ごく一部の製造ロットの話になります。

 

以下のようなものです

 

 

2 自主回収品等

(1) 医薬品の販売名等

ア 販 売 名 エピペン注射液0.3mg

イ 一 般 名 アドレナリン注射液

ウ 回収対象数 量 5,974本

エ 輸入先製造業者 Meridian Medical Technologies(米国)

オ 出荷時 期 平成28年1月28日から平成28年3月24日まで

カ 効能効果 等 蜂毒、食物及び薬物等に起因するアナフィラキシー反応に 対する補助治療(アナフィラキシーの既往のある人または アナフィラキシーを発現する危険性の高い人に限る)

(2) 情報提供対象施設数 24,650施設(内薬局:14,038施設)

(3) 回 収 分 類 クラス

 

その後の対応に関して

 

 メーカーに問い合わせて、最終的に当院では以下のような対応をとることになりました。

 

1) 処方調剤薬局から、患者さんへ連絡いただく。

2) 患者さんのご希望をお聞きし、調剤薬局に足を運んでいただいて交換するか、近くの薬局で交換いただく。

3) 新しい製剤に対し処方箋は不要。

 

 なにかのご参考になれば。

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


ブログ、1年続きました

思ったより頑張れました

 

 飽きっぽい自分が、よく1年も持ったと思います。

 延々と日々の英語論文をまとめて紹介するだけですけど、小児アレルギーではなかなかなかったブログになってきたと思っています。

 初期のころから見てくださっている読者の方は、内容はともかく、ずいぶん体裁もマシになったと思っておられることでしょう。

 

1年たったということで、またちょっと修正

 

 「読まれている記事」を外部サービスを利用して新設しました。

 Google chromeでは表示が崩れないのですが、Edgeで見ると少し崩れるようです。今後修正しますが、修正がどうしてもうまくいかないようなら削除します。

 医学論文と全く関係ない記事が、3番目と5番目にはいっているのは、医学論文自体にはそこまでニーズがないのかなあ。すこし悲しい、、

 

 一般の方向けのまとめを挿入し始めました。

 「結局、何を知りたい?」「結局、何がわかった?」「今日のまとめ」がそれにあたります。

 それでも難しくなってしまうのは、管理人の力不足です。だんだん、まとめもうまくなればいいなと思っています。

 

ツイッターはじめました

 

 昨年にアカウントは作って、ブログをUPしてたのですが、ブログにもアカウントをUPしました。

 もし宜しければ、フォローお願いします

 

GoogleAdSenseが入るようになりました

 

 GoogleAdSenseとは広告です。

 広告なんて入れて、、と思われるかもしれません。

 でも、2016年6月前後より、Google AdSenseの審査はとても厳しくなっているようで、基準を満たさなければ簡単には通らなくなっています。

 つまり、”最近”Google AdSenseの審査に通ったのは、ある程度きちんとしたサイトともいえるかもしれません(あくまで、”最近”審査に通ったものに限りますが)。

 

以下、引用です。

 

審査の厳格化以降、アドセンス審査に望ましいブログ記事は最低限、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 情報が豊富なブログ記事
  • 検索ユーザーにとって有益なブログ記事

たとえ「日記」であっても、上記の条件を満たすものであれば全く問題ありません。重要なのは、誰かが何かを検索した時に、その答えや手がかりがあるブログ記事であることです。

 

2016年5月頃からGoogleアドセンスの審査が以前と比べてかなり厳格化しており、審査に落ちる人が激増しています。当記事ではアドセンス審査に通らない理由と、審査を申請する前にチェックしておくべき11のポイントをご紹介します。
links-creations.com

 

 この辺りは、昔は比較的簡単に専門医が取得できたけど、最近は難しくなってきた、というのと近い感じ、、でしょうか。でも、 思った以上にスムーズに審査に通していただきました。Googleの担当者様、ありがとうございます。

 1年間コツコツ書き続けてコンテンツが増えてきていたこと、これまで著作権に関して配慮しながら記載してきたこと、世の中のニーズがある内容になるよう書いてきていること、そんな点を評価いただいたのだとポジティブに受け取っています(まだページビューは少ないけど、、(-_-;))

 

 カルーセル(最近の記事をサムネイルにしたスライダー)を下に移動したりしたのは、ファーストインプレッションで広告などにより記事が下に押しやられてしまうと、規約に反するので予防策です。

 こういった規約などが厳しくなっているのは、われわれ医療の世界でも同様です。

 研究を事前登録したり、COIをきちんと公開したりなどして公平性を守っているのと同様、大事なのは透明性と思います。

 

ブログの素材や、参考にしたサイトを紹介します

 

 さて、最近、ブログに画像を使うようになりました。

 当たり前ですが、ネットにある画像は著作権があり、そのまま自分のブログには使えません。

 また、ロイヤリティーの問題や、画像を加工してもいいかどうかのクリエイティブコモンズに配慮する必要があります。

 そこで、以前は、多くの素材をGetty Imagesから使用していました。

 

メディアやクリエーター向けコンテンツサービスのゲッティ イメージズが、非商用目的のWebサイトやブログ、Twitterなどに無料で画像を埋め込めるサービスを開始した。
www.itmedia.co.jp

 

 Getty Imagesは最強の素材サイトと言ってもいいのですが、この画像を無料で使用できるのは、あくまで「リンク方式」であり、画像そのものを使用することができません。見た目は変わらないかもしれませんが、画像そのものを貼っているわけではないので、サイトを表示するためには、毎回Getty Imagesから画像を読み込んでいるのでした。

 もともと画像データがないので、サムネイルにすると画像データがなくなってしまいます。カルーセルなどにはならないわけです。

 で、最近は、PIXTAというサイトの画像をソースネクストというベンダーを通して購入したものを使用しています。

 定価はすごく高価ですが、時々、激安セールをするので、その時に購入しました。欲しい方は、ソースネクストの会員になってメールをチェックするといいと思います。

 

ピクスタなら2,290万点以上の高品質の画像素材(写真やイラスト)を定額制プランなら最安1点39円から購入可能!ロイヤリティフリーだから何度でもご利用いただけます。無料のフリー画像も毎週更新!
pixta.jp

 

国内最大級の素材提供サイトを運営するPIXTAの高品質な写真・イラスト素材をあわせて10万点収録。ロイヤリティーフリーなので、様々用途に何度でも使えます。
www.sourcenext.com

 

 

 それでもいい画像が見つからない時があり、困っていたのですが、最近、Pixabayというサイトを見つけました。

 

 

 GettyImages並みに高品質な画像が、無料かつCreative Commons CC0(改変も可能)で配布されています

 

 あとは、「ぱくたそ」ですね。このサイトは超有名なので書かなくてもいいのかもしれませんが。

 ブログを書いていて知ったのですが、多くのメディアサイトなどでも、このサイトの画像を使用していることを知りました。

 

写真素材ぱくたそは、「使って楽しい!見て楽しい」をキャッチコピーに11469枚のフリー素材を配布しています。会員登録なしで簡単ダウンロード可能、すべてレタッチ済みの高品質/高解像度です。
www.pakutaso.com

 

 ほかにもいくつかサイトはありますが、PIXTA 10万枚+Pixapbay 89万枚+ぱくたそ1万枚≒100万枚あれば、多くのひとのニーズには間に合うんじゃないでしょうか。

 なお、画像があまり重くなりすぎないように、最近は下のフリーソフトで縮小して使っています。まとめて縮小してくれますし、操作もドラッグ&ドロップと簡単です。

 これらの画像サイトやフリーソフトは、学会スライドにもとても役に立ちますよ

 

縮小専用。
forest.watch.impress.co.jp

 

 さて、学会準備しなくちゃ、、時間ない!((-_-;)

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


もう少しでブログが1年になります

 

topic

 

 昨年の3月12日に始めたブログも、はや1年になろうとしています。

 凝り性だけど飽きっぽいという性分ながら、よく1年も持ったものです。

 いまだ弱小ブログで1か月5000PV(ページビュー)程度なのですが、ずっと読んでくださっている読者の方もいらっしゃるようで、うれしく思います。

 

読んだ分野を集計してみた

 

 2017/3/4現在で258本の医学論文をご紹介してきました。1年で240本以上(ひと月20本・毎週5本)を目標にしていましたが、何とか達成したといえましょう。

 が、明らかに偏ってます。自分自身の興味のある論文ばかり読んでいるのがよくわかりますしょんぼり

 とはいえ、このブログを読んでいらっしゃ方の多くは、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの二つの分野を探しておられるのではないでしょうか?

 今の小児アレルギー科医にとって、どうしても避けて通れませんから、ご容赦を。

■ 今後も気ままに論文を読み散らかしたいと思います楽しい

 

 

 

いろんな勉強ブログ

 

 世の中には私のブログなど足元にも及ばない、素晴らしい(すさまじい)論文紹介ブログがたくさんあり、その一部をご紹介いたします。

 

呼吸器内科医

 

 現状で、最強の論文紹介ブログのひとつでしょう。

 管理者の倉原先生は、第一線で呼吸器内科医として活躍しながら、年何冊も本を出され、それらの質も高いという化け物のような方です。

 目標ではありますが、最初から無理な目標でしょうね。

近畿中央胸部疾患センター呼吸器内科の倉原優と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp
pulmonary.exblog.jp

 

 

内科開業医のお勉強日記 

 

 これも素晴らしい勉強ブログです。

 現在更新されているのは続編版で、最初のブログから通算すると13年(!)も続いているお化けブログです。はたして、開業されてからもここまで勉強を続けることが出来る先生がいらっしゃるでしょうか。私がもし開業していたら、、無理でしょうね。すごいとしか言いようがないです。

 現在のブログの素っ気ない体裁が、これまた武士のような潔さを感じます。

http://intmed.exblog.jp/  続編版
kaigyoi.blogspot.jp

内科開業医のお勉強日記
intmed.exblog.jp

 

 

麻酔科勤務医のお勉強日記

 

 なんとなくタイトルが、「内科開業医のお勉強日記」にかぶっているような気もしますが、素晴らしい内容と、すさまじい数の論文紹介をされています。

 冒頭にある「抄録内容の著作権については、当然、当該英語論文の著作者に帰属します。」の件は、私の紹介部分にいただいています。盗用ではございません、リスペクトですショック

麻酔科勤務医のお勉強日記
knight1112jp.at.webry.info

 

 

栃木県の総合内科医のブログ

 

 これも素晴らしい。

 批判的吟味まで、かなり詳細に突っ込んで読み込まれています。

 抄読会からピックアップされているそうです。我々の小児科も、1年半ほど前に私が抄読会を立ち上げていて、毎週ひとり1本の論文を持ち寄っていますが、内容に対して突っ込みすぎないようにしています。そうしないと、続かなくなりそうだと思ったからです。

 きっと、このブログを書き続けておられる総合内科では、「勉強」と「ディスカッション」が文化として根付いているのでしょう。そこまで我々も上がっていけるかなあ。

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。
tyabu7973.hatenablog.com

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

 今回挙げさせていただいた先達のようにはまいりませんが、兎にも角にも、このブログも1年間続きました。

 飽きっぽいので、ブログのデザインを変えてみたり、独自ドメインを取得してみたり色々してます。昨日、「あわせて読みたい」というcolumnを新規に導入しました(2017/3/6追記; 今一つ関連した記事がピックアップされないのでgoogleのサービスを利用することを考えてます。広告も入るけど)。

 過去のブログの引用を「はてなブログっぽい、ブログカード」を使うようにしてみました。

 

↓こんなのです。

 

 (小児)アレルギー分野は、世の中のニーズは多いと思うのですが、このようなブログはあまりありませんでした。逆に、アトピービジネスに代表されるような、根拠の怪しいものも多いと思います。そういう意味では、このブログも少しは存在価値もあるかなあと思います。

 いずれ、ブログの更新ペースは落とすと思いますが、日課の論文読みは続けて、世の中のお役に立てるようにしていきたいと思っています。

 これからもよろしくお願いいたします。

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


障害が発生しています

 

ブログに障害が発生しています。

 

■ 独自ドメインの移行に伴い、障害が発生しています。

  → 2/11 朝ごろより、徐々に発生しなくなってきています。2/11 13時現在、経過観察中です。→2/12 10時現在、まだ時折表示できなくなる現象がありますが、頻度が減っています。経過観察中です。→2/12 10:19 また閲覧できなくなっています(pediatric-allergy.comのほう)。→2/12 19:50 回復しています。→と、思ったらその直後から閲覧できなくなりました。20:00時点で症状が持続しています。→ 検討の結果、ルーターの不具合の可能性がでてきました。それで説明できない現象もありますが、JUGEMさまの関係ではない可能性が高くなってきました。最終的な結論が出次第再度お知らせしますが、もしルーターの問題であった場合は、お騒がせして申し訳ございません。

■ JUGEM(このレンタルブログの運営者さま)に何度も確認をとっていますが、「症状が確認できない」そうです。

 

現象

 

■ もとのサブドメイン(pedallergy.jugem.jp)での表示崩れが発生することがある。→ 2/12 頻度は減っています。

■ pedallergy.jugem.jpにおけるリンクをクリックすると新しい独自ドメイン(pediatric-allergy.com)にアクセスしてページが表示できないことがある(特に、下部にある”NEXT(次のページ)"や、”タイトル(小児アレルギー科医の備忘録)”)。→ 2/11 11時現在、同様の現象が再燃。

■ そもそも、新しい独自ドメイン(pediatric-allergy.com)のページが表示されない(ことがある)、などです。

■ JUGEM(レンタルブログ運営者さま)側では、「障害は確認できない」との返答ですが、一時的に復旧していますので、そのせいかと考えています。

読者様にお願いなのですが、もし可能でしたら、実際障害が発生している、もしくは発生していないなど、コメントをいただけませんでしょうか。JUGEM側にお知らせすることができます。コメントは、左上の吹き出しマークになります。

手前勝手なお願いで恐縮ですが、ブログの再開をしようにも不安定なブログで続けることが難しく、、私の思い違いであればいいのですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 → 2/12 23:20 ルーターの可能性が浮上してきたため、撤回いたします。

少々お待ちください

 

■ 安定するまでしばらく更新を控えさせていただきます

取り合えず、JUGEM運営者からの回答を待とうと思っています。

■ ご迷惑をおかけしたしますが、おそらく数日程度で回復する可能性も高く、その場合は早々に再開させるつもりです。

■ 再開できない場合はJUGEMに確認し、再度お知らせいたします。

 2/13 更新を再開いたしました。たいへんお騒がせいたしました。

 

 

再開します

 

■ サイト自体の問題ではなさそうですので、明日より再開いたします。

■ お騒がせいたしました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


独自ドメイン(ブログ固有のアドレス)を取得しました。

独自ドメインを取得しました

 

■ ここ数日、本ブログの閲覧が不安定であったと思います。

■ 実は、独自ドメインを取得し、移行期間であったためです。

■ 新しいドメインは、http://pediatric-allergy.com/になります。

 → 2017/2/10 20時追記;また障害が発生しているようです。なんなんだろう、、、、

 → 当方のルーターの問題だったようですブログ自体に問題はありませんので(レンタルブログの運営者にもチェック頂きました)、ご安心ください。お騒がせいたしました。

■ ページの更新を控えるようにいわれていたので、ブログの更新をしておりませんでしたが、ようやく安定してきたようなので更新を再開いたします(本日朝までは、やたら不安定で少し後悔してきていました、、、)。

■ 私の加入しているJUGEMというレンタルブログは、独自ドメインが取得できるブログで、そのサービスを利用しました。それぞれのドメインで同じページを閲覧できるという、かなり特殊な印象です(Googleに怒られないのでしょうか?)。

■ これまでのドメイン(pedallergy.jugem.jp)も使用でき、同じページが表示されますので、使い勝手は変わらないかと思いますが、もしよろしければブックマークの更新をお願い申し上げます。

■ 概ね安定したと思うのですが、まだ不安定なページ表示になる可能性もありますので、その際はご容赦ください。

■ 今後とも、本ブログをよろしくお願いいたします。

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク