スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


英国におけるざ瘡(ニキビ)治療の現状: 横断研究+後ろ向きコホート研究

Francis NA, et al. The management of acne vulgaris in primary care: a cohort study of consulting and prescribing patterns using the Clinical Practice Research Datalink. Br J Dermatol 2017; 176:107-15.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27716910

 


最近、本邦にもざ瘡(ニキビ)治療に対する良い薬が保険適応がおりてきて治療が様変わりしてきており、ガイドライン(https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/acne%20guideline.pdf)も改訂されています。

では、本邦でようやく使用できるようになった薬剤が先行して使用できていた英国での治療の現状はどうでしょうか。

その研究結果は意外なものでした。


 

P: 2004〜2013年の英国におけるざ瘡(ニキビ)に対するプライマリケアでのざ瘡診療とざ瘡関連治療(ARMs)における処方を受けた8歳以上の患者のうち318535例

E: -

C: -

O: ざ瘡関連治療(acne-related medications; ARMs)の使用を含む、初期治療・追加治療の処方内容とその年次変化

 

 

結果

 

年齢と性差に関する年次受診率と、新規受診・翌年以降の受診が算出された(Clinical Practice Research Datalinkで特定)。

さらに、新規受診と続く90日間と翌年以降に関する処方薬を調査した。

年齢を、8-11歳、12-18歳、19-29歳、≧30歳の4群に分類したところ、受療率は12-18歳女児で多く、12-18歳男児、19-29歳女性、19-29歳男性が続いた

ざ瘡治療薬に関しては、経口抗生剤はオキシテトラサイクリン、テトラサイクリン、ドキシサイクリン、lymecycline、ミノサイクリンとエリスロマイシン、局所抗生物質外用は、エリスロマイシン、クリンダマイシン、局所レチノイド外用(もしくはレチノイド様)製品、過酸化ベンゾイル、アゼライン酸外用、それらの組み合わせ薬やco-cyprindiolを評価した。

継続したデータが得られた167573例のうち、新規にざ瘡で受診した患者の3分の2(66.1%)は、翌年以降に処方を受けず、21.8%は1回、12.1%は2回以上を痤瘡での診療を受けた

1回もしくはそれ以上の回数の痤瘡治療で受診した8歳以上の318535例のうち、41185例(12.9%)は、ざ瘡関連治療薬の処方はなかった。

オキシテトラサイクリンは2004年には最もよく処方されるざ瘡関連治療薬であった(6.5アイテム/1000人・年)が、研究期間中lymecyclineが増加して、2008年には最も多い処方となった(2013年の11.8アイテム/1000人年)。

2004年に最も処方された外用薬はクリンダマイシン(3.1アイテム/1000人年)だったが、クリンダマイシン+過酸化ベンゾイル混合処方が、研究期間中に増加し、2008年から最もよく処方される局所的ざ瘡関連治療薬となり、2013年の8.8アイテム/1000人年までになった

ざ瘡治療を新規に開始した患者は、無治療26.7%、経口抗生剤24.9%、局所抗生剤外用23.6%、局所抗生剤外用薬+経口抗生剤28%が処方されていた。

大部分の処方が2ヵ月間以下にもかかわらず、続く90日間に60.1%はざ瘡関連治療薬を追加処方されておらず、38.6%の患者は1年間処方がなかった。

lymecyclineと、クリンダマイシン+過酸化ベンゾイル混合薬の処方率は、2004〜2013年に増加した。

 

 

コメント

 

これらのデータは、痤瘡治療における局所抗生物質や経口抗生物質の濫用と局所非抗生物質治療使用が少ないことを示しており、すなわち、ガイドラインにあるような抗生剤以外の治療が行われず、次善の治療を受けていることになります。

しかも、治療期間もあまりに短期間であるうえフォローも十分ではないともされており、プライマリケアにおけるざ瘡治療の改善に対する対策は、緊喫の課題であると結論されています。

先発して処方できるざ瘡治療薬の種類が多い英国でも十分な状況ではないことは意外でした。

本邦でも同じような状況のように思います。

私は小児科医ではありますが、多い疾患でもありざ瘡治療に関わることも良くあります。

アダパレン(ディフェリン)、クリンダマイシンゲル(ダラシンゲル)、ナジフロキサシンクリーム(アクアチム)、ミノサイクリン(ミノマイシン)、ドキシサイクリン(ビブラマイシン)、そして漢方薬を処方することが多いです。過酸化ベンゾイルは私の勤務している病院では未だに処方できない(病院での採用がない)という状況で現状ではできていません。

本論文とは全く関係はありませんが、多くの病院で”一増一減(ひとつ薬剤を導入する場合は、ひとつ採用薬を削減しなければならない)"原則で動いています。それは肥大化する薬剤の管理には役立つでしょう。しかし、その原則が長期化したため、削減する薬が乏しくなり、役立つ薬剤の導入が遅れるという事態が生まれています。クリニックで処方できる薬剤が、病院では処方できない、しかもその薬剤はガイドラインに推奨されている、、、情けない限りです。

すでに保険適応になった呼気一酸化窒素(使用経験は沢山持っています)や、自分自身はとっくに資格を持っているダニやスギの舌下免疫療法に関しても、使用できないという状況はとても歯がゆく感じます(愚痴ですね、、)。

 

 

Continue Reading

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


シナモンシュガー・スクラブによる接触性皮膚炎: 症例報告

Admani S, et al. Cinnamon Sugar Scrub Dermatitis: "Natural" Is Not Always Best. Pediatr Dermatol 2017; 34:e42-e3.

http://https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27699851

 


"オーガニックな”というと”安全なもの”と思いがちですが、必ずしもそうではないですよという報告です。

世の中には、”シュガースクラブ”だけでなく”塩スクラブ”というものがあるそうです(医療的、というわけではありません)。


 

* 症例報告なのでPECOはなし。

 

 

症例

 

症例はアトピー性皮膚炎が悪化して受診した16歳女児。

過去、最も持続的に悪化していた部位は肘窩・膝窩であるにもかかわらず、受診前の夏季の3ヶ月間の悪化部位は、主に顔面、頸部、上背部の紅斑だった。

紅斑の分布から、フレグランスや防腐剤対するに接触アレルギーが疑われパッチテストを施行された。

96時間のパッチテストの結果、フレグランス混合物に対する反応が2+、tixocortol pivalateに対する反応が1+だったため、パーソナルケア用品を再調査された。

以前にアトピー性皮膚炎を市販のヒドロコルチゾンで治療したため、ttixocortol pivalateに対するパッチテストが陽性になったと考えられた。

さらに、彼女の祖母が勧めた、ホームメイドのシナモン粉とグラニュー糖を含む「all natural」な自家製のシナモンシュガー洗浄を使用していて、炎症を起こした皮膚をピーリングしていることがわかり、しかも彼女の症状がそのシナモンシュガーを使用しはじめた数週間以内に始まっていた

シナモンシュガーを回避(洗浄中止と家庭のシナモン・ベースのフレグランスを除去)してから症状は劇的に改善した。

 

 

まとめ

 

”自然成分であれば安全というわけではない”とまとめられましょう。

フレグランス混合物は、cinnamol(シナモンの主構成要素)として知られる cinnamic aldehydeを含有する各々の8種類の化学物質から成るそうで、Cinnamic alcohol, eugenol, isoeugenolは、フレグランス混合物(パッチ試験で使われる標準アレルゲン)とシナモン・スパイスに共通だと述べられていました。

シナモン成分とフレグランスに交差抗原があるといえるでしょう。

日本でも、小麦成分の含有された石鹸で小麦アレルギーが頻発したという報告があり、注意して診ていく必要があると思います。まあ、食べ物はあくまで食べましょうということでしょうか、、

 

Continue Reading

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Gianotti-Crosti症候群(ジアノッティ-クロスティ症候群)は、アレルギー素因と関連するかもしれない: 症例対照研究

Chuh A, Zawar V, Lee A, Sciallis G. Is Gianotti-Crosti Syndrome Associated with Atopy? A Case-Control Study and a Postulation on the Intrinsic Host Factors in Gianotti-Crosti Syndrome. Pediatr Dermatol 2016.[Epub ahead of print]

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27339179

 


Gianotti-Crosti症候群(ジアノッティ-クロスティ症候群)は、皮膚科疾患ではありますが小児科でもよく見かける皮膚疾患です。B型肝炎ウイルスに続発するジアノッティ症候群ものが有名ですが、他のウイルスも原因になり、ジアノッティ-クロスティ症候群と称されます。


 

P: Gianotti-Crosti症候群(GCS)と診断された小児37名(男児23名、女児14名)

E: -

C: 対照小児(年齢9ヵ月-13歳、平均年齢4.3±3.4年)37名

O: アトピー疾患との関連があるか

 

【結果】

アトピー性皮膚炎はUK Working Partyの診断基準を、喘息はBritish thoracic Society基準を用い、アレルギー性鼻炎と結膜炎は臨床的に診断された。

GCS14名(38%)は対照群6例(16%)に比べ喘息のリスク比[RR] 2.33[95%CI 0.95-6.31])だった。

GCS18名(49%)は対照群11名(30%)に比較し、アレルギー性鼻炎のリスク比RR 1.64[95%CI 0.86-3.22])だった。

GCS28名(76%)は対照群9名(24%)に比較しアトピー性皮膚炎のRR 3.11[95%CI 1.73-5.73])だった。

結膜炎とアレルギー性じんましんとは関連がなかった。

有意差はADだけだったが、全体では統計学的に、有意差を示した。 

GCS31名(84%)は対照群19名(51%)と比較し、少なくとも1つ以上のアレルギー性疾患のRR 1.63[95%CI 1.13、2.18])だった。 少なくとも3つのアレルギー疾患をもつ児はGCS11名(30%)vs対照群2名(5%)でRR 5.50[95%CI 1.29、35.35])となり、最大の差が認められた。

 

【コメント】

最近、この研究と同じグループが、GCSの診断基準を発表しています。 一般的にはGCSはB型肝炎ウイルス、EBウイルス、コクサッキーウイルス、サイトメガロウイルス、エンテロウイルス属、A型肝炎ウイルス、単純ヘルペスウイルスなどの感染が関連していますが、免疫的な要因は不明でした。

今回の結果は、アトピー性皮膚炎などのアトピー素因が一つの参考になるかもしれないとされており、診断の参考になるかもしれません。

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク