スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


乳児期のバリア機能低下と黄色ブドウ球菌の保菌は関連するか?

 

topic

 

 アトピー性皮膚炎の重症度と、皮膚の黄色ブドウ球菌の密度が関連するという報告があります。

 また、皮膚に保菌している黄色ブドウ球菌は、食物アレルギーにも関連するという報告もあります。

 では、アトピー性皮膚炎発症前から、黄色ブドウ球菌を保菌しているかというと、保菌していないという報告があります。

 ややこしくなってきましたが、どうやらアトピー性皮膚炎の発症前に、ブドウ球菌を保菌しているというわけではないようです。では、皮膚バリアが下がっているから黄色ブドウ球菌を保菌するのでしょうか?

 そこで、今まで何度か提示させているTEWLと、黄色ブドウ球菌の保菌が関連しているかどうかを報告した研究結果がありましたのでご紹介いたします。

 

P: 生後12ヶ月未満の167人(平均6.4ヶ月)
E: 鼻前庭および/または口腔内から、少なくとも1箇所から黄色ブドウ球菌の検出あり
C: 黄色ブドウ球菌の検出なし
O: 鼻前庭や口腔内の黄色ブドウ球菌(S. aureus)コロニー形成とTEWL高値は関連しているか

 

結局、何を知りたい?

✅乳児の鼻の中や口の中に黄色ブドウ球菌をもっているひとは、もともとバリア機能が低いのかということを知りたい。

 

結果

 

 240人が登録されたが、啼泣、測定条件不良のために最終的に167人が研究に組み入れられた。

 アトピー性皮膚炎 110人・アトピー性皮膚炎疑い 28人、アトピー性皮膚炎なし 29人だった。
 TEWLは、上腕外側・前腕内側で測定された。
 黄色ブドウ球菌コロニー形成は、89人(53%)で検出された。

 黄色ブドウ球菌コロニー形成とTEWL高値(TEWL上位1/4)は関連していなかった(上腕外側 p = 0.08; 掌側前腕 p = 0.98)

 また、黄色ブドウ球菌コロニー形成とアトピー性皮膚炎(p = 0.10)、フィラグリン(FLG)突然変異(p = 0.17)とも関連していなかった
 アトピー性皮膚炎疑いやアトピー性皮膚炎がない乳児に比較して、アトピー性皮膚炎乳児では上腕外側・前腕内側ともに、TEWLは有意に高値だった。
 FLG突然変異は、TEWL高値と有意に関連しており、TEWLが47%異なった。

 

論文から引用。

黄色ブドウ球菌保菌と、TEWLには有意な関連はなかった

 

 

結局、何がわかった?

✅皮膚のバリア機能がひくくても、鼻や口の中に黄色ブドウ球菌をもっている率は変わらなかった。

✅フィラグリン遺伝子という、皮膚のバリアを作ることに関係する遺伝子に以上があっても、鼻や口の中に黄色ブドウ球菌をもっている率は変わらなかった。

 

コメント

 

 一般集団から集められた乳児において、鼻前庭および/または口腔内の黄色ブドウ球菌コロニー形成は、TEWLやアトピー性皮膚炎と関連していないとまとめられます。

 腕でのTEWL測定は、乳児の皮膚バリア機能の評価に適切なようだったとされていました。

 管理人は、上にあげたような他の研究結果もあわせ、黄色ブドウ球菌はアトピー性皮膚炎の発症には直接の関係はなく、アトピー性皮膚炎を発症してから定着・増殖し、食物アレルギーなどの悪化にも影響するのではないかと考えています

 

今日のまとめ

✅アトピー性皮膚炎や食物アレルギーを悪化させる黄色ブドウ球菌は、生まれつきの皮膚バリア機能低下とは直接の関係はなく、アトピー性皮膚炎を発症してから他のアレルギー疾患の悪化に働くようだ。

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


アトピー性皮膚炎があるとワクチンの効果が下がる?

 

topic

 

 以前、アトピー性皮膚炎は皮膚感染症以外の感染症のリスクも上げるかもしれないという報告をご紹介いたしました。

 

 つまり、アトピー性皮膚炎は皮膚の感染症だけでなく免疫を下げる可能性があるということです。

 そうならば、予防接種の効果も下げるかもしれません。

 

P: 2012〜2013年シーズンにインフルエンザワクチンを受けた18~64歳 347人
E1: 中等症から重症のアトピー性皮膚炎がありインフルエンザワクチンを皮内注射 105人
E2: 中等症から重症のアトピー性皮膚炎がありインフルエンザワクチンを筋肉注射 105人
C1: 非アトピー参加者 皮内注射 114人(うち、ランダム化されていたのは36人)
C2: 非アトピー参加者 筋肉注射 23人
O: 血清防御(予防接種28日後のHemagglutination-inhibition (HAI)抗体価40倍以上)を達成した率

 

結局、何を知りたい?

✅アトピー性皮膚炎のある患者さんと、アトピー性皮膚炎のない患者さんを比べて、インフルエンザワクチンの抗体の上がり方に違いがないかどうかを知ろうとしている。

 

結果


 非アトピー性とは、本人もしくは第一親等にアトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーがないと定義された。
 SASCは、黄色ブドウ球菌が培地で生育したもの(S aureus growth in skin culture)と定義された。
 全体として、アトピー性皮膚炎を持つ参加者の42%は、黄色ブドウ球菌を保菌していた。
 インフルエンザB、H1N1、H3N2の血清防御率は、(1) 皮内予防接種を受けたアトピー性皮膚炎のある参加者、(2)皮内および筋肉内予防接種を受けたアトピー性皮膚炎のある参加者に差はなかった。
 インフルエンザBに対する血清防御率は、黄色ブドウ球菌を保菌しているアトピー性皮膚炎参加者において、保菌していないアトピー性皮膚炎参加者より低かった(11%対47%; OR 0.14; 95%CI(0.03-0.49); P < .001)。
 インフルエンザB型に対する血清防御率は、中等症アトピー性皮膚炎参加者において有意に低かった(6%対51%; OR 0.06; 95%CI(0.00-0.50); P = .002)。

 また同様に、予防接種30日以内に皮膚に黄色ブドウ球菌が検出される参加者は、インフルエンザB型に対する血清防御が有意に低かった(0%対57%; OR、0.00; 95%CI(0.00-0.40); P =.004)。
 インフルエンザA型H1N1株血清防御率がは、アトピー性皮膚炎があり黄色ブドウ球菌を保菌する参加者は、血清防御率が低い傾向があった(74%対91%; OR、0.27; 95%CI(0.04-1.37); P =.09)。

 

結局、何がわかった?

✅皮膚に黄色ブドウ球菌(アトピー性皮膚炎など湿疹があるとつきやすい)という菌がついている患者さんは、ついていない患者さんより、インフルエンザB型に対する抗体が0.14倍上がりにくかった。

✅予防接種前の30日以内に皮膚に黄色ブドウ球菌がついている患者さんは、インフルエンザB型に対しての抗体がぜんぜん上がっていなかった。

✅アトピー性皮膚炎があって黄色ブドウ球菌がついていると、インフルエンザA型の抗体も0.27倍上がりにくかった。

 

コメント

 

 皮内接種(筋肉内接種ではなく)の予防接種後、黄色ブドウ球菌を保菌するアトピー性皮膚炎のある参加者は、(1)インフルエンザBに対する血清抗体価と血清抗体価陽転率が低値であり、HAI抗体価も低く、(2) インフルエンザA型H1N1に対する血清抗体陽転率も低いとまとめられます。

 アトピー性皮膚炎のある多くの患者が黄色ブドウ球菌を保菌しているため、インフルエンザ予防接種は筋肉注射が優先されなければならないと述べられていました。

 先行研究において、ブドウ球菌スーパー抗原は、リンパ節の皮膚抗原提示細胞の移動を誘発して、皮膚から樹状細胞を減少させることを示されており(Cell Immunol 1996; 171:240-5.)、また、黄色ブドウ球菌産生物質は、B細胞やプラズマ芽球の抗体産生反応に破壊的な影響を及ぼすのだそうです( Nat Rev Microbiol 2015; 13:529-43.)。

 本邦においては積極的に筋肉注射で予防接種は推奨されていませんから、(筋肉注射にならない程度に)少し深めに接種したり、なにより黄色ブドウ球菌の保菌が影響するわけですから、アトピー性皮膚炎自体を良くすることを目標にしようと改めて思いました。

 

今日のまとめ

✅黄色ブドウ球菌を保菌するようなアトピー性皮膚炎は、インフルエンザワクチンの効果を下げるかもしれない。

 

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


乳児期のアトピー性皮膚炎と学童期の注意欠如・多動症(AD/HD)は関連しない: コホート研究

 

 

topic

 

■ アトピー性皮膚炎とADHD(注意欠如・多動症)との関連を指摘する報告があります。

■ しかし、機序もよくわかっていませんし、アトピー性皮膚炎が先なのかADHDが先なのかもはっきりしていません。

■ その関連に関して、最近新しい報告がありましたのでご紹介いたします。

 

P: スウェーデンの出生コホートに参加した小児3606人
E: 1、2、4、8、12、16歳時における、児の湿疹の存在(両親に対するアンケート調査で判定)
C: -
O: 学童期(10-18歳)にADHDに対する薬物療法を受けているか(スウェーデンのPrescribed Drug Registerで照合)

 

結果

 

■ 計1178人(32.7%)が就学前に湿疹に罹患しており(1、2歳、and/or 4歳の湿疹)、162人(4.5%)は学童期にADHDの薬物を処方されていた。

■ 就学前の湿疹は、学童期のADHD治療に関連していなかった(粗オッズ比1.16; 95%CI 0.83-1.61)

■ 就学前の湿疹と、学童期における抗抑うつ剤・片頭痛薬・抗てんかん薬の使用に有意な関連は認められなかった。

■ 乳児期の皮膚炎、学童期の湿疹、16歳までの湿疹は、学童期でのADHD薬物治療に関連しなかった。

 

コメント


■ 先行研究で、小児期の湿疹とADHDに関連が示唆されているのですが、機序やその順序(どちらが先か)は不明なままでした。

今回の結果は、大規模な分娩コホートにおいて、就学前の湿疹は、学童期のADHDに対する薬物治療・抑うつ/不安/恐怖症・片頭痛・てんかんに関連しなかったとまとめられます

■ この研究ではADHDが薬物療法を行われなかった場合はADHDではないとされてしまうので、Liminationとされています。しかし、ADHDと診断されたスウェーデンの児は、80%以上に何回かは薬物治療が行われるそうですので、取りこぼしは少ないようです。

■ 一方、2014年のシステマティックレビューでは、湿疹とADHDに正の相関があると報告し(OR 1.47-7.75)、「湿疹とADHDの間の正の関連がある」と述べられています(Allergy2014: 69: 37–45.)。

■ この違いが出た原因は、本研究での湿疹の定義が、先行研究より軽い症例を含んでいるからかもしれないと述べられていました。

■ そうすると、湿疹が重症であれば、ADHDと関連するということになります。今後の報告も見ていく必要がありそうですし、そうだとすれば湿疹ははやめに良くしていく必要があると言えるのかもしれません。

 

Continue Reading

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


アトピー性皮膚炎や乾癬は、他の併存疾患を増やすのか?: 大規模横断研究

Egeberg A, et al.,Prevalence of comorbidity and associated risk factors in adults with atopic dermatitis. Allergy 2016. [Epub ahead of print]

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27864954

 


以前、アトピー性皮膚炎が、局所的な皮膚感染症のみならず他の感染症も増やす可能性があることをUPいたしました(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=230)。

今回は、アトピー性皮膚炎(と乾癬)がさらにそれ以外の疾患を増やすかどうかをみた報告になります。


 

P: デンマーク在住で、1995年1月1日から2012年12月31日までに病院に入院もしくは外来受診した、アトピー性皮膚炎もしくは乾癬のある18歳以上のすべての患者

E1: アトピー性皮膚炎患者 7937人

E2:乾癬患者 24505人

C: 年齢と性でマッチした一般集団 79370人

O: アトピー性皮膚炎もしくは乾癬は、共存症(同時に2つ以上の疾患を有している状態)が多いか

 

 

結果

 

全体として、AD患者では喫煙やアルコール乱用者の率が、一般集団より高かったが、乾癬患者より低かった。

同様に、抗不安薬の使用を除き、AD患者は一般集団よりも危険因子や高い共存症の有病率が高く、ADが重篤なほうがより高くなった。

しかし、乾癬患者と比較すると有病率やリスクは低かった。

糖尿病の罹患率は、AD患者では、一般対照者と同様に乾癬患者よりも低かった。

 

 

コメント

 

成人のAD患者は、一般対照者と比較すると、様々な医学的および精神的な共存症のリスクが増加するが、乾癬患者よりは低い、とまとめられます。

しかし、精神的な共存症や喫煙率は重篤なADであるほどきわめて高く、患者マネージメントへの介入の目標である可能性があるとされていました。

私は小児科医ですので、成人のアトピー性皮膚炎をみる機会は少ないですが、他の疾患を併発する可能性が高いと意識しなければならないかなと思いました。

Continue Reading

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


アトピー性皮膚炎は、皮膚感染症以外の感染症のリスクも上げるかもしれない: 横断研究

Strom MA, Silverberg JI. Association between atopic dermatitis and extracutaneous infections in US adults. Br J Dermatol 2016. [Epub ahead of print]

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27125261

 


アトピー性皮膚炎が、皮膚感染症のリスクになることはすでに報告があります。

しかし、皮膚感染症以外の感染症のリスクも増加させるとの報告が、小児に関しては既に同グループから報告されていました(   Silverberg JI, et al., J Allergy Clin Immunol 2014; 133:1041-7.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24094542)。では、成人ではどうでしょうか。


 

P: 2012年National Health Interview Survey (NHIS)における18歳以上の成人34613人

E: 過去1年間にアトピー性皮膚炎の既往がある人

C: 過去1年間にアトピー性皮膚炎の既往がない人

O: 皮膚以外の感染リスクを増やすか

 

【結果】

コンピュータシステムを使用して、400人の訓練されたインタビュアーによってそれぞれの家庭を調査され、1家庭ごと成人1人がランダムに選択された。

感染症は、インフルエンザ/肺炎、溶連菌性咽頭炎、副鼻腔炎、風邪、発熱、胃腸炎、水痘、肝炎、他の感染症に関して調査された。

アトピー性皮膚炎と他の併発したアレルギー疾患があるかないか、感染症の数の関連も調査された。

多変量モデルは、年齢、性別、人種/民族、世帯収入、家族の最終教育レベル、出身地、保険カバー範囲、ヘルスケア訪問数、喘息・花粉症・食物アレルギーの既往、予防接種(インフルエンザ、肺炎、A型肝炎、B型肝炎)で調整された。

多変量解析で、アトピー性皮膚炎のみに罹患している成人は、1種類の感染症(オッズ比 [OR] 1.62、95%信頼区間[CI] 1.22-2.16)、2種類の感染症(OR 2.36、95%CI 1.78-3.13)、3種類の感染症(OR 2.67、95%CI 1.93-3.69)と有意に関連しており、さらに、4種類以上の感染症に最も関連していた(OR 2.78、95%CI 1.82-4.24)

アトピー性皮膚炎以外のアレルギー疾患にも罹患している成人は、アトピー性皮膚炎のみの成人と比較して2種類の感染症(OR 3.11、95%CI 1.99-4.87)、3種類の感染症(OR 6.96、95%CI 4.40-11.03)、4種類の感染症(OR 17.34、95%CI 10.45-28.76)とさらに高いリスクとなった。

 

【コメント】

アトピー性皮膚炎は、皮膚感染症以外の感染症のリスクをあげる可能性があり、しかも他のアレルギー疾患を併発しているとさらにそのリスクは増える、とまとめられます。

アトピー性皮膚炎は、膿痂疹(+黄色ブドウ球菌のコロニー形成)、伝染性軟属腫、ヘルペス性皮膚炎といった皮膚感染症を発症しやすくなることはよく知られています。この論文では、アトピー性皮膚炎は免疫システムに異常をきたしやすくなり、他の感染症も増やすのではないかという仮説のもと、実施された横断研究となります。

アトピー性皮膚炎の患者さんには、皮膚以外の感染症が多いという印象を強く持つというわけではないのですが、それはアトピー性皮膚炎の患者さんを多くみているぶん、逆に認識できにくくなっているのかもしれません。そう言えば、私はアレルギー疾患以外には感染症の論文を読むことが多く、もしかすると感染症のお子さんも確率高く診ているぶん感染症の問題を抱えるお子さんを診る事が多くなって、無意識に読むことが増えているのかもしれないなと思いました。

Continue Reading

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク