スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


2歳未満に発症したアトピー性皮膚炎の予後: コホート研究

Hua TC, et al. The natural course of early-onset atopic dermatitis in Taiwan: a population-based cohort study. Br J Dermatol 2014; 170:130-5.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23980909

 
小児期のアトピー性皮膚炎は自然軽快が多いと言われています。
台湾のコホート研究の結果ではありますが、地政学的に近いこともあり、本邦でも参考になるのではないでしょうか。


P: 2歳までに発症した、台湾出生のアトピー性皮膚炎児1404名(男児56.6%、女児43.4%)
E: -
C: -
O: 10歳までにどれくらい寛解するか

【結果】
アトピー性皮膚炎初回診断時の月齢は、33.0%(463例)は生後6ヵ月未満、25.0%(351例)は6-12ヵ月、42.0%(590例)は12-24ヵ月だった。
アトピー性皮膚炎初回診断時に10.5%はアレルギー性鼻炎と診断され、8.3%は喘息と診断され、全体として16.0%が呼吸器アレルギー(喘息か鼻炎)と診断された。
疾患期間1年未満が19.4%、4年未満が48.7%であり、疾病期間の中央値は、1523日(4.2年)だった。そして、追跡期間中、69.8%は寛解した。
性、発症年齢、アレルギー性鼻炎(AR)や喘息は疾患経過に有意な影響を示さなかった。

【コメント】
台湾でのほとんどすべての医療行為に関して、今回の研究のデータベースに含まれ、その前向きコホート研究となるそうです。
2歳未満発症のアトピー性皮膚炎は、10歳まで経過を診ていくとして7割は寛解するという結果です。ただし、これを「7割も良くなる」と受け取るのか、「3割も治らないのか」と受け取るかは受け取る人によって異なるでしょう。本論文でも、「there were ”also” another 30.2% of patients still seeking medical help for AD after 8 years of age」と述べられており、3割”も”キャリーオーバーすると危惧されていました。
成人における横断研究で、アトピー性皮膚炎で受診した成人の3割以上が2歳未満に発症したADであったというドイツの報告を以前ご紹介しました(Allergy 2013; 68:498-506.http://pedallergy.jugem.jp/?eid=71 )。
自分自身としては、小児科の範囲でより良い治療をしてキャリーオーバーしないようにしたいと思っています。


 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


スポンサーサイト

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Trackbacks

Trackback URL