スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


マイコプラズマによるスティーブンス・ジョンソン症候群の特徴: 症例集積研究

Olson D, et al. Outbreak of Mycoplasma pneumoniae-Associated Stevens-Johnson Syndrome. Pediatrics 2015; 136:e386-94.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26628717

 


マイコプラズマとスティーブンス・ジョンソン症候群の関連はよく言われますが、思ったよりエビデンスがありません。

マイコプラズマの流行期に多形紅斑の児を複数診療したので調べてみた時に出てきた文献です。



P:  2013年9月1日から11月30日 コロラド小児病院 (CHCO)でMycoplasma(Mp)流行期における5歳から21歳のスティーブンス・ジョンソン症候群(SJS) 8例+2008年10月以降に後方視的に集積した追加症例

E: Mp陽性SJS

C: Mp陰性SJS

O: Mp陽性SJSの特徴
 

【結果】
Mp流行期のSJS8例中5例がMp陽性。

後方視的に集積したSJS 22例中、Mpの関与が疑われた5例を除外しコントロールに追加された。

Mp陽性SJSは、a) Xpにおける肺炎あり オッズ比 10 (信頼区間 1.3-5.1)、 b) 先行する呼吸器症状 オッズ比 30.0(信頼区間 1.6-72.6)、c) より少ない皮膚症状箇所を持っていた。
 

【コメント】
Mpの関与するSJSは、Mpの特徴がやはりある可能性が高いという結果ですが、皮疹の箇所が少ないのは意外でした。

Mp診断はPCRで行われており、PCR陽性例でもIgM陽性は少ないのが印象的です。

 

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


スポンサーサイト

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Trackbacks

Trackback URL