スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


妊娠中のビタミンDは、児のアトピー性皮膚炎発症リスクを下げるかもしれない: メタアナリシス

Wei Z, et al., Maternal vitamin D status and childhood asthma, wheeze and eczema: a systematic review and meta-analysis. Pediatr Allergy Immunol 2016.[Epub ahead of print]

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27145360

 


最近、ビタミンDとアレルギーの関連に関する論文が増加しています(Allergy 2012; 67:10-7.)。このブログでも、ビタミンDはアトピー性皮膚炎に効果がある(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=47)、妊娠中のビタミンD補充は、児の喘息予防に効果不十分(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=111)や、ビタミンDとアトピー性皮膚炎重症度は相関しない(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=52)などを提示してきました。今回は妊娠中の母体のビタミンDが児のアレルギー疾患に関連するかどうかのメタアナリシスです。


 

 

P: 2014年8月まで PubMed、EMBASE、コクランライブラリ、Wanfangデータベース(中国)、VIPデータベース(中国)、Chinese National Knowledge Infrastructure (CNKI) を検索  

  小児喘息に関する4研究(3666母児)   

  幼児期喘鳴に関する4研究(2225母児)  

  小児期湿疹に関する3研究(2172母児)

E: 母体のビタミンDの状態

C: -

O: 母体のビタミンDは、児の湿疹、喘鳴・喘息と関連するか

 

【結果】

妊娠中の母体のビタミンDは、小児期湿疹と関連した(オッズ比[OR] 0.904;95%信頼区間[CI] 0.831-0.983)。

しかし、小児期喘息(OR 0.981;95%CI 0.944-1.019)、幼児期喘鳴(OR 0.995;95%CI 0.982-1.009)とは関連しなかった。

 

【コメント】

母体のビタミンDは児の湿疹と関連があるとまとめることができます。

研究の限界として、ビタミンDの評価(血清、臍帯血、食事量、サプリメント補給量)の方法が同一ではなく、食事・サプリメントの情報も主にアンケートに基づいており、リコールバイアスの可能性があるとされていました。

また、厳格な包含基準のために、研究数が制限されたことや、人種/民族性に関するデータが不足していたことも限界に数えられます。妊娠中の母体のビタミンDが、児のアレルギー発症に関連はありそうですが、母体にビタミンDを投与して児のアレルギーが予防できるかどうかはまだ分かりません。実際、母体にビタミンDを投与して、児の喘息を予防できなかったという報告や(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=111)、児のビタミンD血中濃度とアトピー性皮膚炎の重症度との関連はなかったという報告(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=52)もあります。

 

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


スポンサーサイト

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Trackbacks

Trackback URL