スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


食物アレルギーによる致命的なアナフィラキシーの発生率: システマティックレビュー&メタアナリシス

Umasunthar T, et al. Incidence of fatal food anaphylaxis in people with food allergy: a systematic review and meta-analysis. Clin Exp Allergy 2013; 43:1333-41.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24118190

 


今週は、食物による即時型アレルギー反応は、卵・乳・ピーナッツそれぞれにおいて、除去食指導を行っても少なからず発生しており(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=171http://pedallergy.jugem.jp/?eid=174)、一方で食物アレルギーによるアナフィラシーの頻度は少ないが軽視するべきではないという報告(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=175)をUPしてきました。

現実に、本邦でも食物アナフィラキシーで亡くなられた方がおられ、十分な対策をすすめるべきであることは論を待ちません。一方、食物によるアナフィラキシー死に対する過大評価もまた、いたずらに不安を煽る可能性があります。その頻度を十分に把握しておく必要性もあるでしょう。


 

P: 1946年1月から2012年9月において、Medline, Embase, PsychInfo, CINAHL, Web of Science, LILACS、AMEDと会議録からの、約1億6500万人年

E: -

C: -

O: 致命的な食物アナフィラキシーの発生率

 

【結果】

致命的な食物アナフィラキシー240例があったが、それぞれの研究における食物アレルギー有症率とデータ収集方法には、高い不均一性があった。

食物アレルギーにおける致命的な食物アナフィラキシーは、100万人・年につき1.81回(95%CI 0.94-3.45; range 0.63-6.68)の出現率と推定され、別の感度分析法では、発生率は100万人・年につき1.35-2.71と見積もられた。

0-19歳では、発生率が3.25(1.73-6.10; range 0.94-15.75;感度分析1.18-6.13)と見積もられた。

食物アレルギーにおける致命的な食物アナフィラキシーの発生率は、一般的なヨーロッパ人口における偶発死より低いと考えられた。

 

【コメント】

致命的な食物アナフィラキシーは非常にまれであるといえます。

しかしながら本論文でも言及されているように、食物アレルギー患者と家族の懸念を過小評価してはならず、適切な教育、食物表示、食物の除去、アナフィラキシーに対する処置は重要であるとされていました。

十分な対策により、恐れず侮らず、というスタンスが必要なのではないでしょうか。

 

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


スポンサーサイト

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL