スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


母乳中のダニ抗原は、児のアレルギー疾患発症に影響するか?: コホート試験

Baiz N, et al. Early oral exposure to house dust mite allergen through breast milk: A potential risk factor for allergic sensitization and respiratory allergies in children. J Allergy Clin Immunol 2017; 139:369-72.e10.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27566456

 


ダニは環境抗原のなかでも重要なものの一つです。

今回の検討は、ダニ抗原が母乳中に含まれていて、感作に関与するのではないかというショッキングなLetter(短報)です。


 

P: EDEN Mother-Child Cohort Studyに参加した母255人

E: 母乳中のDer p1 (ダニ抗原) 

C: -

O: 児のアレルギー疾患・Derp p1感作に影響するか

 

 

結果

 

Der p 1は、255人の母乳中からELISAにより測定され、Der p 1は母乳サンプルの3分の2で検出さた(中央値52.1pg/mL)。

Der p 1は、喘息またはアレルギーの既往歴のある母親でより高く、34歳以上の母親より、それ以下の母親のほうが高値だった(P = .02)。

冬季に採取された母乳のほうが他のの季節で採取されたものより高値だった(P =.04)。

ナンシー(フランスの都市)に居住している母は、ポアティエに居住しているより高かった(P=.0008)。

Der p 1を中央値(552.1pg/mL)で高値群と低値群に層別化されたが、母乳中のDer p 1と児の5歳時点での健康転帰の関連は認められなかった。

しかし、喘息もしくはアレルギーの既往歴のある母から授乳され、母乳中のDer p 1高値群は、喘息またはアレルギー性鼻炎のリスクが有意に高かった(オッズ比[OR]3.4; P =.02)

Der p 1高値群は、総IgE陽性になるリスクが高く(調整オッズ比[aOR]3.87; P =.003)、Der p 1特異的IgEの高い傾向があった(aOR 2.21; P =.07)。

 

 

コメント

 

アトピー感作されている母からの母乳栄養が、児のアレルギー保護に働いていないことと、母乳中にあるDer p1(ダニ抗原)が呼吸器アレルギーに関与するかもしれないとまとめられます。

同グループは、すでに、母乳にDer pやBlomia tropicalisといったエアロアレルゲンの存在を示しており、マウスモデルにおいて、母乳中のDer pが児のアレルギー感作を促進すると報告しているそうです。

さて、経皮感作に注目されていますが、これは経口感作、、なのでしょうか?

以前、唾液中・血清中ダニ特異的IgA2は、アトピー性皮膚炎に防御的に働く(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=78)という研究結果をご紹介いたしましたが、それと反対の結果になるようにも思います。

この論文中には言及されていないようなのですが、もしかすると、環境中のダニ抗原が皮膚に付着していてコンタミネーションしているのでは?とも思える結果です。

今後の続報をまちたいと思っています。

 

 

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


スポンサーサイト

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL