スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


風邪に亜鉛が効果的?

 

topic


 風邪に直接効果がある風邪薬はないというのが定説です。

 以前、自然治癒の見込めるような気道感染症に対しての抗生剤治療で細菌感染症を予防できるかという研究結果をご紹介しました。

 その報告では、風邪に抗生剤を”予防的に”投与しても、効果は極めて少なく、7000人に投与して「治療可能な」肺炎や扁桃周囲膿瘍を約1名減らす程度という結果でした。

 私はどちらかというと漢方薬も処方することが多いのですが、現実的に小児では親御さんが難色を示されることも多く、抗生剤を希望されることも少なくありません(当然、多くのウイルス性の上気道炎には抗生剤は有効ではありません)。

 そこで、今回は、風邪に対する亜鉛の効果をご紹介いたします。二次資料をご紹介することは少ないのですが、今回はコクランレビューです。

 

P: CENTRAL、MEDLINE、EMBASE、CINAHL、Web of Science、LILACS、WHO ICTRP 、clinicaltrials.gov.を検索して抽出された、すくなくとも5ヶ月間の亜鉛によりかぜ症候群を治療もしくは予防する介入を行ったランダム化比較試験16件/1387人(治療)と2件/394人(予防)
E: -
C: -
O: 亜鉛は風邪の治療・予防に効果があるか

 

結局、何を知りたい?

✅亜鉛を飲んで風邪を予防もしくは治療した研究を18件探し出して、効果があるかどうかをまとめようとしている。

 

結果

 

 亜鉛の摂取は、症状期間(日)を有意に短縮した(平均差 [MD]-1.03、95%信頼区間(CI)1.72〜-0.34) (P = 0.003)(I2統計= 89%)が、風邪症状の重症度は低下させなかった(MD-1.06、95%CI-2.36〜0.23)(P = 0.11)(I2統計= 84%)。

 亜鉛摂取群は、7日間の治療後、症状があった参加者の率はコントロールより有意に小さかった(I2統計= 75%)(P = 0.05)(オッズ比 [OR] 0.45、95%CI 0.20〜1.00)。

 亜鉛群では、風邪を呈する比率( incidence rate ratio; IRR 0.64、95%CI 0.47〜0.88)(P = 0.006)(I2統計= 88%)、学校の欠席(P = 0.0003)、抗生物質処方(P < 0.00001)が少なかった。

 全体的な不都合なイベント(OR 1.58、95%CI 1.19〜2.09)(P = 0.002)、いやな味(OR 2.31、95%CI 1.71〜3.11)(P < 0.00001)、嘔気(OR 2.15、95%CI 1.44〜3.23)(P = 0.002)は、亜鉛群でより高かった。

 

結局、何がわかった?

✅風邪の時に亜鉛を飲むと、症状が平均約1日短縮されたが、重症度はかわらなかった。

✅亜鉛を内服して1週間後、症状があったひとは約半分になった。

✅亜鉛を予防内服すると、風邪のなりやすさが約0.65倍になった。

✅亜鉛の副作用は、約1.6倍多かった。

 

コメント

 

 健常者に対する症状発現24時間以内で投与される亜鉛は、風邪症状の持続期間を短縮するとまとめられますが、データの不均一性のために、注意が必要であるとされていました。

 亜鉛トローチ剤製剤が広く研究され、風邪罹病期間の減少は、亜鉛≧75 mg/日であるため、亜鉛を内服することを考えている場合、風邪の全罹病期間を通じて、この用量で内服することが勧められるとされていました。

 しかし、亜鉛の予防内服に関してはデータが不十分であるため、確固たる勧告は行うことが出来ないとされていましたので、まだ臨床にそのまま使うことはできないといえましょう。なお、この文献は、下記の書籍を読んでいて出てきた文献です。

 

今日のまとめ

✅亜鉛は、風邪の症状を1日程度短くする効果があるかもしれない。

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


スポンサーサイト

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL