スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


ヌーカラは、好酸球性重症喘息による入院率を約半分にする: メタアナリシス

 

topic

 

 最近、生物学的製剤/分子標的薬ラッシュとなってきており、多くの領域の医療にパラダイムシフトをもたらしました。

 アレルギーの世界でも、オマリズマブ(商品名ゾレア)を皮切りに、治療が大きく変わろうとしています。

 今回は、抗IL-5製剤であるメポリズマブ(商品名ヌーカラ)のメタアナリシスをご紹介いたします。

 

P: PubMed と GSK Clinical Study Registerから抽出された重篤な好酸球性喘息患者を対象にmepolizumab(商品名ヌーカラ)で加療された4研究1388人
E: mepolizumab投与を少なくとも24週間
C: プラセボ
O: プライマリエンドポイント:入院が必要な増悪率、入院/救急室受診を必要とする増悪率

 

 結局、何を知りたい?

 ✅メポリズマブ(商品名ヌーカラ)が効果が、成人重症好酸球性喘息に効果があるかどうかを過去の報告をまとめて評価しようとしている。

 

結果

 

 本メタアナリシスの条件は、重篤な好酸球性喘息患者に対しmepolizumabを投与したプラセボ比較無作為化試験であり、mepolizumabを少なくとも6回投与を少なくとも24週間継続したすべての研究だった。
 4研究の患者は、重篤な喘息におけるATS( American Thoracic Society)の定義を満たした(高用量吸入ステロイド薬+セカンドコントローラ使用でも抑制できていない)。

 ベースラインの標準的な薬物に加え、mepolizumab静注(75mg、250mgもしくは750mg)mepolizumab皮下注(100mg)を約4週毎に投与された。
 それぞれの研究で、参加者はおおむね50歳で喘息罹病期間は17−24年だった。
 ベースラインの好酸球数は、すべての研究で概ね類似しており、230~350cells/mLだった。

 また、前年の重篤な増悪回数も概ね類似しており、平均2.9~5.5回だった。

 患者の36%は、研究開始時に定期的にステロイド薬を内服していた。
 ベースラインの肺機能は、予測FEV1と気管支拡張薬後のFEV1は、58%to78%から、68%to78%までさまざまだった。
 Mepolizumabは、プラセボと比較して、有意に入院リスク(relative rate[RR] 0.49; 95%CI、0.30-0.80; P = .004)と入院/救急室受診する増悪リスク(relative rate[RR] 0.49; 95%CI、0.33-0.73; P < .001)を低下させた
 1回以上の入院を経験した患者の比率が45%、入院and/or救急室受診が38%、有意に減少した。

 

 結局、何がわかった?

 ✅メポリズマブ(商品名ヌーカラ)は、入院リスクを49%に、救急受診リスクを49%に低下させた。

 

コメント

 

 MepolizumabはIL-5(主に好酸球性炎症を阻害する)に対するヒト化mAbで、重篤な好酸球性喘息患者の好酸球値を低下させることが示されています。
 Mepolizumabは、重篤な好酸球性喘息患者における入院を必要とする増悪や、救急室受診を、プラセボと比較してほぼ半分にしたとまとめられます。

 とはいえ、これは成人に関するデータですので、小児に関しては、まだこれからの検討を要すると思われます。

 

 今日のまとめ!

 ✅メポリズマブ(商品名ヌーカラ)は、重篤な好酸球性喘息患者の入院・救急室受診をおよそ半分にする。

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


スポンサーサイト

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL