スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


乳児期の抗生剤投与はその後のアトピー性皮膚炎発症リスクになる: システマティックレビュー

Tsakok T, et al., Does early life exposure to antibiotics increase the risk of eczema? A systematic review. Br J Dermatol 2013; 169:983-91. 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23782060
 
不要な抗生剤使用のリスクは、耐性菌の問題ばかりではありません。

P: 2012年3月までのMedline, Embase、Web of Scienceからの20研究
E: 妊娠中と生後12ヶ月までの抗生剤投与
C: -
O: アトピー性皮膚炎を増加させるか

【結果】
(出産後の抗菌薬治療に関する研究)
17研究では抗生剤加療によるアトピー性皮膚炎発症リスクのオッズ比(OR)は1.41(95%信頼区間(CI)1.30-1.53だった(うち、追跡研究10本でOR 1.40(95%CI 1.19-1.64)、横断研究7本でOR 1.43 (95% CI 1.36-1.51)。
抗生剤とアトピー性皮膚炎発症は用量依存性であり、抗生剤投与が1クール増加するごとにOR 1.07(95%CI 1.02-1.11)増加した。
(出産前暴露に関する研究)
4研究でORは1.30(95%CI 0.86-1.95)だった。

【コメント】
抗生剤使用がアトピー性皮膚炎のリスクになることに関する初めてのシステマティックレビューだそうです。
出産前では有意差はでていません。ですから、出生後の抗菌薬は十分吟味して処方するべきでしょう。


 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


スポンサーサイト

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


Trackbacks

Trackback URL