スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


1歳未満からのチリダニ類の経口免疫療法は12ヶ月後のアレルゲン感作を予防する: ランダム化比較試験

Zolkipli Z, et al. Randomized controlled trial of primary prevention of atopy using house dust mite allergen oral immunotherapy in early childhood. J Allergy Clin Immunol 2015; 136:1541-7.e1-1

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26073754

 


環境整備(ダニを減らす)のみでは、アトピー性皮膚炎の予防はできないことがメタアナリシスで示されています(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=8)。一方で、2歳までの感作が防止されると、10歳と18歳での小児喘息発症が防止されることが報告されています。

これらは矛盾してはいますが、一方でダニ免疫療法によりアレルギー疾患が予防できる可能性が残されています。


 

P: 皮膚プリックテスト陰性(チリダニ類、花粉、ネコ、ピーナッツ、乳、卵)のアレルギーハイリスク(第1親等に>2名以上のアレルギー疾患)の1歳未満の乳児 111名

E: チリダニ類(HDM)抽出物(Der p1、Der f1、Der2;11mg相当) 1日2回経口投与

C: プラセボ 1日2回経口投与

O: 12ヶ月後のHDMの累積的感作率

 

【結果】

HDM投与群(5例[9.4%])は、プラセボ投与群(13例[25.5%])に比較してすべてのアレルゲンに対する感作率に有意な減少が認められた(16.0%; 95%CI、1.7%〜30.4%)(P = .03)。しかし、プライマリアウトカムであるHDM感作率には有意差はなく、喘鳴、食物アレルギーに対する予防効果は認められなかった。両群の副作用に有意差は認められなかった。

 

【コメント】

先行研究で、生後18-30ヶ月からHDM、ネコ、オオアワガエリ花粉を舌下免疫療法を行うも、4歳での感作やぜん息の発症を予防できなかったという報告があます(Holt PG, et al. J Allergy Clin Immunol 2013;132:991-3.e1.)

一方で、ワイト島予防研究は、2歳までのアレルギー感作が防止されると、10歳と18歳での小児喘息発症が防止されることを示唆しています(Arshad SH, et al., Thorax 2003;58:489-93.)(Scott M, et al., Thorax 2012;67:1046-51.)。

この研究は、今後、3,6歳までフォローアップする予定だそうです。

 

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


ダニ経口免疫療法によるアレルギーの一次予防: ランダム化比較試験

Zolkipli Z, et al. Randomized controlled trial of primary prevention of atopy using house dust mite allergen oral immunotherapy in early childhood. J Allergy Clin Immunol 2015; 136:1541-7.e1-11.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26073754

 


ダニの経口免疫療法により、アレルギー疾患の予防を試みた報告です。
さて、結果はどうでしょう。



P: アレルギー疾患を有する一親等血縁者2人以上を持つハイリスクの5-9ヶ月乳児111名
* 皮膚プリックテスト陰性を確認済み 
E: チリダニ類(HDM)抽出物 1日2回 12ヶ月間 57名
C: プラセボ 1日2回 12ヶ月間 54名
O: プライマリアウトカム: 
12ヶ月後のHDMの累積感作率と一般的なアレルゲン(花粉、ネコ、ピーナッツ、乳と鶏卵)に対する累積感作率
セカンダリアウトカム:
Eczema(=アトピー性皮膚炎)、喘鳴と食物アレルギー


【結果】
介入群は計49人、プラセボ群は計44名が試験を完了し、それぞれ53名と51名の参加者がintention-to-treat解析された。
介入群(5例[9.4%])ではプラセボ群(13例[25.5%])に比較して、一般のアレルゲンに対して有意に感作率が低下した(16.0%; 95%CI、1.7%〜30.4%;P = .03)。
しかし、HDM感作に有意差はなく、Eczema・喘鳴・食物アレルギーに対しての治療効果は認められなかった。

【コメント】
結果は期待とは異なる結果である上、治療を行ったはずのHDMの感作が予防できていないうえに何故か他の抗原に対しての感作が予防されているという不可解な結果でした。
しかし、ワイト島における一次予防研究は、アレルギー感作が2歳までに防止された場合、10、18歳の小児喘息(特にアトピー型喘息)の発症が防止されることがありうることを示唆しています(Thorax 2012; 67:1046-51.

http://thorax.bmj.com/content/67/12/1046)。そのため、3年間この研究は継続され、3,6歳で評価される予定とのことです。
食物におけるEATスタディ(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=2)やLEAPスタディ(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=23)とは全く異なる結果ではありますが、吸入抗原はもっと後に感作されることが多く、確かにさらに経過をみていただきたい研究ですね。


 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


アレルギーの一次予防: レビュー

Van Bever HP, et al., OPINION: Primary prevention of allergy - Will it soon become a reality? Pediatr Allergy Immunol 2016; 27:6-12. 

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26456367
 


今回はレビューです。
まとめでは多くを割愛していますが、これからの研究アイデアなども記載があり、是非本文をご確認頂きたいと思います。
確かに現状では、著者の言われるようにエビデンスがあるのは下記の3つになりますね。



【まとめ】
最近の研究は、ある特定の介入がアレルギー疾患(特にADとFAの一部)に対する一次予防が可能であることを証明している。
1)  細菌産生物(多くはプロバイオティクス)  
 1種類より複数類の投与がより効果的であると示唆される。
 しかし、AD予防効果はあるものの呼吸器アレルギーの予防に対する効果は証明されていない。
 2015年、WAOはAD予防に対する有益性を認め、アレルギー疾患に対するハイリスクの母と児に対し、プロバイオティクスを使用することを推奨した。

2) 早期の保湿剤塗布  
 ADは、皮膚バリア障害(例えばフィラグリン遺伝子異常)、環境に対する免疫反応の異常が特徴である。
 AD発症前に保湿剤を集中的に塗布することにより、AD予防を試みた研究は2つある。それぞれ効果があり、概して生後6ヶ月までのAD発症を予防している。
ただし、感作に関しては証明されておらず、さらに大規模な研究を要する。

3) 早期のアレルギー食物曝露  
 ピーナッツ導入の時期が異なるイスラエル系乳児において、英国とイスラエルにおいてピーナッツアレルギー(PA)発症が10倍の差が認められることが判明している。
 そして、最近のLEAP研究において、640名のハイリスク児において4~11ヶ月でピーナッツを導入する群が5歳時点のPAが70-80%少ないことが証明された。
 また、オーストラリアで生後4-8ヶ月に卵を導入する無作為ランダム化試験が報告されている。生後4ヶ月ですでに36%は卵白特異的IgE抗体価0.35以上であり、31%は最初の摂取で陽性反応であり、卵が開始できなかった。
 これらより、食物の早期導入が効果がある可能性があっても、一般がが推奨できないということが示唆される。

4) その他  
母乳栄養がまだ、アレルギーを予防するために選択肢であり、それはTGF-αとIgAといった免疫調節性物質に依存しているようである。


【コメント】
これまで、当ブログで抄録を紹介させていただいた論文から多く引用されていた。


将来の研究のアイデアが述べられていて、、単一の介入が最適解であるとはいえないとされている。
免疫療法(IT)(主に舌下免疫療法[SLIT]と経口免疫療法[OIT])、蠕虫または寄生虫様タンパク質のアジュバント効果に関しても言及され、今後の方針も指し示している、とても良いレビューと思う。
また、FA、ADに比較して呼吸器アレルギー疾患に関しては、まだまだであり、乳幼児期のウイルス性呼吸器感染症+エアロアレルゲン感作の複雑な相互作用が重要ではないかと述べられている。


 まだまだ、道半ばで決定打と言えるものはなく、今後の研究が必要ということ。
しかも、「予防法はこれのみ」としていないのは、アレルギー疾患がheterogenousであることを考えても合理的。テーラーメイドな治療や予防になるのはまだまだ先だと思うが、徐々にその片鱗が見え始めている段階といえるのではないだろうか。



 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク