スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


解熱鎮痛薬は、風邪の症状を悪化させる?

 

topic

 

 今回やや古い論文を提示するのは、普段の診療の疑問点があったからです。

 小児科医は、発熱疾患に対し解熱鎮痛薬を毎日内服することを推奨しません。

 解熱鎮痛薬の使用により、ウイルスの分離期間が長くなる(病気の期間を長くする)という報告(J Infect Dis 162: 1277-1282, 1990.)(JAMA 231: 1248-1251, 1975.)があるからです。

 一方、内科の先生方(この場合、内科の先生で小児も診察している先生方が中心)の処方をみると、毎日解熱鎮痛薬内服を指示されている(他の風邪薬に混合されていることが多い)のを、よく見かけます。

 随分昔に、「解熱薬を毎日内服すると半日程度、発熱期間を延ばす」という文献(二次資料だったかも、、)を診た記憶があったのですが、どの論文かを忘れてしまっていました。最近、かぜの教科書を読んでいてそれらしき論文が提示されていました。

 

P: 上気道感染(upper respiratory tract infections;URTIs)で受診した18~65歳の成人174人
E: メキタジン(抗ヒスタミン薬)+解熱鎮痛薬としてロキソプロフェン60mg/回 84人
C: メキタジン(抗ヒスタミン薬)+プラセボ 90人
O: 症状の持続期間は異なるか

 

結局、何を知りたい?

✅風邪をひいたときに解熱鎮痛薬を飲むと、飲まない人より症状が長引くのか?ということを知ろうとしている。

 

結果

 

 インフルエンザ、肺炎、溶連菌扁桃炎、他の細菌感染症が原因と考えられた患者は、除外された。
 疾患罹病期間中、ロキソプロフェンの内服錠剤数はプラセボ錠剤より多かった(11.0±5.0錠 vs 9.9±4.9錠、P=.14)。
 症状持続期間は、ロキソプロフェン群8.94±3.20日、プラセボ群8.39±3.39日だった(P=.19)
 日常生活が制限された日数は、ロキソプロフェン群2.12±2.05日、プラセボ群2.68±2.54日(P=.17)だった
 1、2、3日目の強い症状は、ロキソプロフェン群(27%、33%、29%)、プラセボ群(32%、39%、37%)であり、ロキソプロフェン群が少なかったが、6~12日目の症状はロキソプロフェン群のほうが頻度が高かった(差 5-13%)。
 ロキソプロフェン群のうち 8人(9.5%)が追跡期間中、不都合なイベントを報告し(嗜眠3人、のどの渇き2人を含む)、プラセボ群1人(1.1%)より高い傾向だった(P=.051)

 

【論文より引用】

ロキソプロフェンを内服している群のほうが症状が長引く傾向がある

 

 

結局、何がわかった?

✅数学的な差はでなかったが、解熱鎮痛薬を飲んだほうが、風邪の症状が約半日長かった。

✅数学的な差はでなかったが、解熱鎮痛薬を飲んだほうが、日常生活の制限が約半日短かった。

✅数学的な差はでなかったが、解熱鎮痛薬を内服したほうが副作用は多かった。

 

コメント

 

ロキソプロフェンは、上気道感染(upper respiratory tract infections;URTIs)の回復プロセスを明らかに阻害はしないものの、回復を遅らせる傾向があるとまとめられます。
この結果は、高齢患者を除く成人の結果ですので、小児や高齢患者には適用できないとされていました

さて、この論文を読んで、皆さんはどう感じましたか?

私は、有意差はないとはいえ、症状が半日程度伸びるのは確かではないかと思いました。また、副作用も多くなると言えます。現状の、「あくまで辛いときだけにしましょう」という指示を変更するには至らないと考えます。

一方で、解熱鎮痛薬は、最初数日における症状が強い時期の症状を抑える作用があるともいえます。成人を対象にする内科の先生方は、この点を重視するのでしょう。

このあたりに、小児科医と内科医の考えの相違があるように思いました。

 

今日のまとめ

✅解熱鎮痛薬は、半日程度風邪の回復を遅らせるかもしれない。

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


アデノイド扁桃摘出術は、術後の咽頭炎を減らすのか?: システマティックレビュー

 

topic

 

■ 昨日、扁桃摘出術に関し、閉塞性呼吸障害のある児に対する扁桃摘出は、睡眠を改善させるか?という報告をご紹介いたしました。

■ 一方、アデノイド扁桃摘出術は、例えば溶連菌感染症が頻回である児などにも、感染回数の減少を目的に行われることもあります。

■ その効果をみたシステマティックレビューをご紹介いたします。

 

P: MEDLINE, Embase, Cochrane Libraryから抽出された、前1〜3年間に3回以上の感染症のあった児に対し、アデノイド扁桃摘出術の効果を検討した7研究

E: アデノイド扁桃摘出を受けた児

C: アデノイド扁桃摘出を受けなかった児 

O: 術後の感染症に変化はあるか

 

結果

 

■ 研究開始時のデータのある研究において、感染症・/咽喉炎回数は両群で減少したが、アデノイド扁桃摘出を受けた児は、咽頭炎罹患日数・クリニック受診・A群溶連菌感染・学校の欠席がより減少した。

■ ランダム化比較試験(RCT)1件と非ランダム化試験1件は、扁桃摘出を受けた児は、受けなかった児よりも咽頭炎のエピソードが1年につき0.64±0.49エピソードから0.50±0.43エピソードに減少したことを示した(95%信頼区間[CI]:0.16〜0.80)。

■ RCTのintention-to-treat解析では、アデノイド扁桃摘出を受けた児の2年間の咽喉炎回数は、3.5エピソード(95%CI:1.8〜5.2)減少したが、月ごとの咽喉炎エピソードは有意ではなかった。

■ 補足的なRCT2件では、手術群は、咽頭炎による受診はより少なかったが、経過観察群でもまた低値であり、術後の最初の1年間における咽喉炎もしくは喉の感染症は、コントロール群の2.93回(95%CI:2.69〜3.22)と比較し、扁桃摘出群1.74回(95%CI:1.54〜2.00)だった。

■ 後向きコホート研究1件は、扁桃摘出を受けなかった小児は、A群溶連菌(GAS)感染のために検査陽性である可能性が、手術を受けなかった児に比較し3.1倍(95%CI:2.1〜4.6(P < .001))だったと報告した。

■ もう一つの後向きコホート研究は、3年間の咽喉炎の平均回数は手術群がより少ないことを報告したが、この減少は時間とともに小さくなった(1-3年間の2.46回減少[95%CI:2.29〜2.63; P < .001]、4〜6年後の1.21回 [95%CI:1.04〜1.38; P < .001]、6年後以降0.61回)。

■ QOLには、両群に有意差はなかった。

 

コメント

 

アデノイド扁桃摘出術は、前1〜3年間に3回以上の咽頭炎がある児において、手術しない児と比較すると短期間の咽頭炎の減少効果があるとまとめられますが、一方でより長期間に関しては不十分であるとも言えます。

■ ありがちな結論で恐縮ですが、やはり状況に応じ選択するべき問題でしょう。

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


小児中耳炎の治療は、短期では失敗率が高くなる: ランダム化比較試験

Hoberman A, et al. Shortened Antimicrobial Treatment for Acute Otitis Media in Young Children. N Engl J Med 2016; 375:2446-56.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28002709

 


中耳炎は、小児科では頻繁に診ることになる疾患ですが、抗生剤加療がごく短期間に終了されてしまうことが稀ではありません。

今回は、小児中耳炎に対し抗生剤の内服期間が5日間と10日間で、臨床的な効果に差があるかどうかを確認した研究結果をご紹介いたします。


 

P: 急性中耳炎に罹患した生後6〜23ヵ月の小児520人

E: アモキシシリン‐クラブラン酸 5日間とプラセボ5日間 (5日間群)

C: アモキシシリン‐クラブラン酸 10日間 (10日間群)

O: 臨床反応(症状と治療反応性を基礎に系統的に評価)、症状の再発と鼻咽頭コロニー形成に違いがあるか

 

 

結果

 

症状スコアは0から14で評価された(重篤であるほど高値)。

5日間群は臨床的な治療失敗が229人中77人(34%)であり、10日間群の238人中39人(16%)に比較して有意に高かった(差17%ポイント; 95%信頼区間[9〜25])。

6から14日目までの平均症状スコアは、5日群の1.61と10日群の1.34であり(P=0.07)、12-14日の平均症状スコアは、1.89対1.20(P=0.001)だった

症状スコアが介入開始から終了までに50%以上低下した小児の割合は、10日群より5日群より少なかった(187人/227人(80%)vs211/233人(91%);P=0.003)

再発率、有害事象、ペニシリン耐性菌の鼻咽頭定着に有意差はなかった。

治療の失敗率は、週あたり10時間以上3人以上の小児に曝露された児もほうが、より少ない児より高く、(P=0.02)、両耳より片耳の中耳炎である児のほうが高かった(P < 0.001)。

 

 

コメント

 

6〜23ヵ月児の急性中耳炎では、短期の抗生剤治療(この場合5日間)は、標準治療期間(この場合10日間)より結果が思わしくなかったとまとめられます。

有害事象や耐性菌の発生率は有意差がなかったですので、2歳未満の中耳炎を診たら1週間以上内服を勧めたほうが良いといえるかもしれません。

 

 

Continue Reading

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


ジスロマック早期投与は、繰り返す下気道感染症の重篤化を防ぐかもしれない: ランダム化比較試験

Bacharier LB, et al. Early Administration of Azithromycin and Prevention of Severe Lower Respiratory Tract Illnesses in Preschool Children With a History of Such Illnesses: A Randomized Clinical Trial. Jama 2015; 314:2034-44.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26575060

 


self-limited(自然治癒の見込める)気道感染症に対する抗生剤治療による細菌感染症の予防効果(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=148)は極めて限定的という報告をUPいたしました。

今回は繰り返している重篤な下気道感染症の病歴がある児に対し、早期のアジスロマイシン(商品名ジスロマック)が重篤化を防ぐかもしれないという報告です。


 

P: 再発性の重篤な下気道感染症(lower respiratory tract illness ; LRTI)の病歴のある生後12ヶ月から71ヵ月乳幼児 607人

E: アジスロマイシン(商品名ジスロマック)を12mg/kg/日×5日間 307人

C: プラセボ 300人

O: プライマリアウトカム: 重篤なLRTの発症数(臨床的に経口コルチコステロイド処方が必要とされたかどうかで判断)  

 セカンダリアウトカム: 咽頭におけるアジスロマイシン耐性菌、副反応

 

 

結果

 

除外基準は、過去12ヵ月のコルチコステロイド全身投与が4回以上もしくはの1つ以上の入院、または過去12ヵ月のうち8ヵ月以上の喘息に対するコントローラ使用だったが、研究開始前まで低用量吸入ステロイドもしくはモンテルカストを使用していて研究開始時に中止できた者は研究に参加した。

重篤なRTIsの定義は、

 (1) 1時間以上にわたり3回のアロブテロール吸入後も軽症以上の症状がある、

 (2) 4時間ごとに1回以上アロブテロール吸入を要する症状がある、

 (3) 24時間に6回以上のアロブテロール吸入を必要とする、

 (4) 試験薬物(アジスロマイシンもしくはプラセボ)開始後、5日以上中等度もしくは喘鳴が持続している、

とし、試験薬物開始14日以内に重篤なRTIを発症しなかった場合重篤なLRTIは発症しなかったと定義された。

RTIsに罹患したエピソードは計937回(アジスロマイシン群473回、プラセボ群464回)で、計443人(アジスロマイシン群223人、プラセボ群57人)で認められた。

重篤なRTIsは、アジスロマイシン群35回、プラセボ群57回だった。

アジスロマイシンは、プラセボと比較して有意に重篤なLRTIを発症するリスクを低下させた(危険率 0.64[95%CI 0.41-0.98]; P = .04; 初回のRTIを発症する絶対危険度 アジスロマイシン0.05, プラセボ0.08; リスク差(0.03[95%CI、0.00-0.06])。

アジスロマイシン耐性菌は、ランダム化時点でアジスロマイシン群12.2%、プラセボ群 8.9%で検出され、研究終了時、アジスロマイシン群 20.0%、プラセボ群17.0%で検出された

治療をうけたRTIsにおける胃腸症状(アジスロマイシン群3例、プラセボ群1例)は軽度であり、研究中断にならなかった。

 

 

コメント

 

アジスロマイシンは、重篤で繰り返すLRTIsの既往歴をもつ幼児において、プラセボと比較して重篤なLRTIの発症を低下させたとまとめられます。

ただし、今回の研究の範囲では耐性菌の増加は認めませんでしたが、今後、耐性菌の増加の情報が必要であるとされています。

これも以前UPしましたが、例えばマイコプラズマに関してはクラリスロマイシンやアジスロマイシンの耐性化が進んでおり、治療に難渋することが増えています(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=222)。

この研究は製薬会社も関わっており、必ずしも鵜呑みには出来ないと思いますが、重篤な下気道感染を繰り返している児にはオプションとして覚えておいて良いのではないかと思います。

 

Continue Reading

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


ドキシサイクリンによるマイコプラズマの治療: 後ろ向き症例対照研究

Lung DC, et al., Rapid defervescence after doxycycline treatment of macrolide-resistant Mycoplasma pneumoniae-associated community-acquired pneumonia in children. Pediatr Infect Dis J 2013; 32:1396-9.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23817339

Continue Reading

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク