スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


アトピー性皮膚炎重症度とマラセチア特異的IgE抗体価は相関する: 症例集積研究

マラセチア アトピー性皮膚炎 真菌 カビGlatz M, et al. Malassezia spp.-specific immunoglobulin E level is a marker for severity of atopic dermatitis in adults. Acta Derm Venereol 2015; 95:191-6.http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24696225
 
マラセチアは皮膚に常在する真菌(カビ)の一種です。

P: アトピー性皮膚炎の小児132名、成人67名
E: 特異的IgE抗体価(卵白、ミルク、タラ、小麦、ピーナッツ、大豆、ヤケヒョウヒダニ、ネコふけ、イヌふけ、オオアワガエリ、ライ麦、Cladosporium herbarum、シラカバ花粉、ヨモギ、ハシバミ花粉、D. farinae、Malassezia属、アルテルナリア、カンジダ、C. herbarum、S. aureus腸管毒素A)
C: -
O: 食物・環境アレルゲン特異的IgE抗体価とアトピー性皮膚炎重症度(SCORAD)に相関があるか

【結果】
SCORADは25未満を軽症、25-50を中等症、50より大きいものを重症とし、イムノキャップ・クラス≧2(〉0.70kU/L)を陽性とした。総IgE値は、成人79.7%、小児46.8%が100kU/lより高値だった。アレルゲン(特に微生物アレルゲン)に対する感作頻度は、小児と比較して成人で最高10倍高値であり、成人で検出される微生物特異的IgE抗体のなかでMalassezia 属特異的IgE抗体価が最も頻度が高かった。 SCORADは、成人(r=0.549、p < 0.001)と小児(r=0.344、p=0.005)に両方において総IgE値と相関し、成人のみMalassezia 属特異的IgE抗体価と相関した(r=0.429、p=0.007)。

Table(論文より引用)
マラセチア感作とアトピー性皮膚炎重症度に相関がある。


Malassezia属s特異的IgE抗体価と総IgE値は小児、成人両方で相関した(成人:p < 0.001、r=0.67;小児:p < 0.001、r=0.41)。 

【コメント】
最近、汗の成分にマラセチアが含まれていることが判明し、汗でかゆみが悪化する理由のひとつとされています。
今回の症例ではマラセチア特異的IgE抗体価と小児のSCORADは相関しなかったと述べられていますが、p=0.07なので、傾向はあるといえるでしょう。また、マラセチアは脂漏部位(頭部、頸部)に多いとされていますが、今回の検討では、頭部-頸部型のアトピー性皮膚炎は、小児でも成人でも、マラセチア特異的IgE抗体価と相関しなかったそうです(小児:p = 0.28、成人:p = 0.1)。


 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


妊娠中の母の抑うつや不安は、児のアトピー性皮膚炎発症に関係するかもしれない: コホート研究

不安 アトピー 発症Chang HY, et al. Prenatal maternal distress affects atopic dermatitis in offspring mediated by oxidative stress. J Allergy Clin Immunol 2016. [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27016803

 
児のアトピー性皮膚炎発症に、お母さんの気分の落ち込みが関与するかもしれないという報告です。

P: 二つのコホート試験COCOA(Cohort for Childhood Origin of Asthma and Allergic Diseases)、PSKC[Panel Study on Korean Children]に参加したそれぞれ973例、1531例
E: 母の出生前の悩み
C: -
O: 児のアトピー性皮膚炎発症

【結果】
アトピー性皮膚炎はCOCOAで30.6%(全追跡期間有病率)とPSKCで11.6%(5歳での年有病率)だった。
出生前の母の苦悩は、児のアトピー性皮膚炎のリスクを増大させた。

COCOAスタディ:
抑うつにおけるハザード比(HR)1.31(95%信頼区間[CI] 1.02-1.69)、不安に対する HR1.41(95%CI、1.06-1.89)だった。
PSKCスタディ:
苦悩に対するオッズ比1.85(95%CI、1.06-3.25)だった。

COCOAスタディにおいて、出生前の母の抑うつスコアも不安スコアも、児のアトピー性皮膚炎発症に関連があった(P < .001)。 出生前の母の苦悩はグルタチオンジスルフィドと胎盤グルタチオン比を減少させた(P = .037)。 特に、アトピー性皮膚炎を発症した群で、胎盤11b-水酸化ステロイド・デヒドロゲナーゼ2型レベルを減少させ(P = .005)で、1歳時のIgE値を上昇させた(P = .010)。

【コメント】
出産前の母の悩みは、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎発症率を上昇させるとまとめられます。
機序は、慢性のストレス・ステロイド値異常・活性酸素に関係する可能性がある(グルタチオンジスルフィドが活性酸素のようです)とされていました。
アンケート調査の中身を確認していませんが、くよくよしないということでしょうか。
しかし、親御さんは何かと悩むことが多いことも確か。このような結果が出ても、じゃあ悩まないようにしようとすることは難しいような気がします。
なお、抑うつ測定は、それぞれアンケート調査で行なわれており、COCOAスタディでは妊娠36週でthe Center for Epidemiological Studies-Depression (CESD)を、不安はthe State-Trait Anxiety Inventory-Trait subscale (STAI-T)を使用、 PSKCスタディでは、the Kessler Six-question Psychological Distress Scale (K6)を使用していました。


 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


水の硬度はアトピー性皮膚炎発症に影響するかもしれない

硬度 水道 アトピーPerkin MR, et al. Association between domestic water hardness, chlorine, and atopic dermatitis risk in early life: A population-based cross-sectional study. J Allergy Clin Immunol 2016.[Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27241890

 


以前、塩素から産生されるトリハロメタンがダニ感作に影響される可能性があるという論文を提示しました(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=35)。今回も水道水がらみですが、水の硬度は炭酸カルシウムに規定されていて、塩素ではないことに注意です。



P: 3ヵ月児1303名(EATスタディ[http://pedallergy.jugem.jp/?eid=2]の参加者)
E: 居住地域の供給元から上水道中の炭酸カルシウム(CaCO3 mg/L)と塩素(Cl2 mg/L)濃度、フィラグリン遺伝子変異、前腕内側経皮的水分蒸散量(TEWL)
C:-
O: 水硬度と3ヶ月時のアトピー性皮膚炎発症リスクに関連はあるか

【結果】
3ヶ月乳児の24.3%(317例/1302例)はアトピー性皮膚炎が認められた。
大部分軽症で、SCORAD(アトピー性皮膚炎の重症度スコア)の中央値7.5(範囲3.5-75.0)だった。
炭酸カルシウムレベルは、中央値257mg/L(3-490mg/L;IQR162-286mg/l)だった。
塩素レベルは中央値0.37mg/L(0.04-1.06mg/L、IQR0.26-0.49mg/L)だった。

炭酸カルシウムと塩素レベルの中央値で、以下の4群に層別化した。
1) 炭酸カルシウム低値/塩素(低値CaL/ClL)
2) 炭酸カルシウム高値/塩素低値(CaH/ClL)
3) 炭酸カルシウム低値/塩素高値(CaL/ClH)
4) 炭酸カルシウム高値/塩素高値(CaH/ClH)。
CaL/ClL群に比較して、アトピー性皮膚炎発症リスクは、CaH/ClL群は、調整オッズ比1.87(95%信頼区間[CI] 1.25-2.80、p=0.002)、CaL/ClH群はaOR 1.46(95%CI 0.97-2.21、p=0.07)、CaH/ClH群はaOR 1.61(95%CI 1.09-2.38、p=0.02)だった。
フィラグリン突然変異のある児で、その影響はより大きかったが、水質とフィラグリン遺伝子変異間の相互作用は統計的には有意でなかった。

【コメント】

炭酸カルシウム高値(=水の硬度が高い)はアトピー性皮膚炎発症リスクの増加と関連があるとしていますが、塩素の影響は、明らかでないと結論されていました。 ただし、これは観察研究です。ですので、出生時からの軟水器設置による介入試験がアトピー性皮膚炎発症リスクを低下させるかどうかの確認が必要だとも述べられています。
本邦の水硬度はもともと軟水です。ですから、本邦ではこのデータがそのまま使えるかどうかはわかりません。
自分としては、本邦のアトピー性皮膚炎は少なくないにも関わらず、軟水ということはこのデータはそのままは使えないと考えています。少なくとも、あわてて軟水器を購入する必要性はないと思います。



 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


プロバイオティクスによるアトピー性皮膚炎発症予防に対する反対意見

Ricci G, Cipriani F. Probiotics and prevention of eczema: have we enough data to draw conclusions? Allergy 2016; 71:426-8. 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26841280
 
今回は論文ではなく、論評になります。
Zuccottiらによるプロバイオティクス(乳酸菌製剤)はアトピー性皮膚炎予防に有効、というメタアナリシスが最近発表され話題を呼びました(Zuccotti G, et al. Allergy 2015; 70:1356-71.http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26198702http://pedallergy.jugem.jp/?eid=10)。さらに、最近、シンバイオティクス(プレバイオティクス+プロバイオティクス)によるメタアナリシスも発表されました(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=5)。
それに従い、WAOガイドラインでは、アレルギーハイリスク児の母に対するプロバイオティクスを推奨するようになりました(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25628773)。一方、EAACIでは、現状では十分なエビデンスがないとして推奨していません(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24697491)。その矛盾に対する論評です。


【まとめ】

EAACI Food AllergyとAnaphylaxis Guidelinesの勧告(Muraro A, et al. Allergy 2014; 69:590-601. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24697491)では、「母乳で育てる母親が、児のアレルギーを予防するために、食事を変更したり、プロバイオティクスのようなサプリメントを摂取することを推奨するエビデンスはない」、さらにまた、「食物アレルギーを予防するために、プレバイオティクスやプロバイオティクス、もしくは特定の栄養分に基づくその他の栄養補助食品を服用するよう勧めるエビデンスはない」としている。
一方、WAOガイドライン(Fiocchi A, et al. World Allergy Organ J 2015; 8:4. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25628773)では、「アレルギーハイリスクの乳児に対する母乳栄養の母に対するプロバイオティクスの使用は、アトピー性皮膚炎の予防に有益である」としており、上記の勧告と一部矛盾している。

これらの矛盾は二つの疑問点から生じている。

一つ目は、同じ患者が追跡調査の異なるフェーズ・異なる報告で含まれていることである。
例えば、Rautawaらの報告(Rautava S, et al., J Allergy Clin Immunol 2002; 109:119-21.)は、Kalliomakiらの二重盲検プラセボ対照臨床試験(Kalliomaki M, et al., Lancet 2001; 357:1076-9. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11297958)の参加者の一部によって行われている。
(筆者注、同じ児を対象にしている他の論文に関しても記載があるが割愛)
 同じ集団の複数の追跡調査の場合には、そのうち1つの結果のみを考慮しなければ、正確な統計にならないと考えられる。

ふたつ目のの点は、プロバイオティクスの不均一性である。
Zuccottiらのメタアナリシスでは、生菌「混合物」による「sub-meta-analysis」と名付けられたサブグループ解析により、アトピー性皮膚炎が予防できたとしている(リスク比 0.54[95%CI:0.43-0.68]、P < 0.00001)。
最も使用される生菌種である Lactobacillus rhamnosus は、100種類もの幅広いフェノタイプを示す。すなわち、Lactobacillus rhamnosus は生息地ごと、宿主に対して異なる抗菌活性で適応しているため、異なる機能特性を示す可能性がある。
これらの不均一性から考えて、正しい検討ではないのではないかと考えられる。


【コメント】

Zuccottiらのメタアナリシス結果を掲載した欧州免疫アレルギー学会誌(Allergy)自身から論評が加えられているのが興味深いです。つまり、メタアナリシスを掲載したJournal自身が、そのエビデンスを採用しなかったということです。
しかし、さらに批判的吟味を加えて、科学的に考えていく姿勢に感服します(WAOの考え方がいけないという訳でもありませんが、、、)
こういった現状ではプロバイオティクスのアトピー性皮膚炎予防に関して自分自身のスタンスも決められませんが、どちらにせよ本邦で「アトピー性皮膚炎予防目的にプロバイオティクスを使用」するにしても、どの菌株をどれくらい使用していいかも判明していません
もし患者さんに聞かれたとしても、「乳酸菌製剤を摂取することは悪くはないですし、良いデータもあります。でも普通に処方できるような乳酸菌製剤でどれくらい効果があるかはわかりません」とお話するしかないかなあと思います。

 

*2016/11/22 加筆修正しました。
 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


気候・汚染物質とアトピー性皮膚炎の関係

大気汚染 アレルギー アトピー性皮膚炎Kathuria P, Silverberg JI. Association between small particle air pollution, climate and childhood eczema prevalence and severity: a US population-based study. Pediatr Allergy Immunol 2016.[Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26842875

 
大気汚染と喘息の関係は明らかと思います(http://pedallergy.jugem.jp/?eid=57)が、アトピー性皮膚炎と大気汚染の関係は明らかではありません。今回の結果も、なにかモヤモヤしたものが残ります。

P: 2007〜2008年のNational Survey of Children's Healthにおける0-17歳の小児
E: 2006〜2007年の環境保護局測定からのデータ(一酸化炭素[CO]・硝酸塩[NO3]・二酸化窒素[NO2]・有機態炭素[OC]・硫酸塩[SO3]・二酸化硫黄[SO2])、PM2.5・PM10・対流圏のオゾン濃度、National Climate Data Centerで測定されたUV指数と気温と降水量
C: -
O: 小児期のアトピー性皮膚炎と、気候・環境汚染物質に関係があるか

【結果】
湿疹の罹患率は、12.98%(95%信頼区間 12.43-13.54)だった。

主成分分析によって4因子が特定された。
(1) OC、SO2・PM2.5を伴い、暑くて、湿気があり、雨がちである。
(2) PM10・対流圏オゾン高値を伴い、暑くて、晴れている。
(3) NO3・PM2.5高値。 
(4) CO高値
因子(1)は、より高い湿疹有病率と関係していた。
因子(2)、(3)は、より低い湿疹有病率と関係していた。
因子(4)は、より低い中等症-重症のアトピー性皮膚炎の有病率と関係していた。

アトピー性皮膚炎は、より高いNO2(p = 0.008)、SO2(p = 0.006)、SO3(p = 0.0002)、ヒ素(p = 0.0007)、ニッケル(p = 0.0002)、鉛(p = 0.03)、バナジウム(p < 0.0001)と亜鉛(p = 0.003)と関連していた。
また、より低いNO3(p = 0.002)、OC(p = 0.03)、PM2.5(p = 0.006)、カドミウム(p < 0.0001)、銅(p = 0.004)、カリウム(p < 0.0001)と関連していた。
一方、中等度~重篤なアトピー性皮膚炎は、より高いNO3(p = 0.03)、OC(p = 0.008)、PM2.5(p = 0.01)、銅(p = 0.04)、鉛(p = 0.008)、亜鉛(p = 0.01)、より低いCO(p = 0.03))と関連した。

【コメント】
まとめますと、
NO2、SO2、SO3はアトピー性皮膚炎の有病率を上げ、
NO3、OC、PM2.5、PM10は有病率を下げる、ということになります。
特に、PM10やオゾン高値を伴い暑く晴れが多い気候はアトピー性皮膚炎の発症を減らす作用があり、CO高値はよりアトピー性皮膚炎の重篤度を下げる可能性があると結論されています。
この結果をどう解釈するかどうかはわかりませんが、汚染物質より気候の影響が大きいのではないかと解釈できるかと思います。


 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク