スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


アトピー性皮膚炎の重症度が高いほど、その後の食物アレルギーのリスクは上昇する

Flohr C, et al. Atopic dermatitis and disease severity are the main risk factors for food sensitization in exclusively breastfed infants. J Invest Dermatol 2014; 134:345-50.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23867897

 


P: 完全母乳栄養の619名
E: アトピー性皮膚炎(AD)の重症度(SCORADで評価)、フィラグリン(FLG)遺伝子異常、経皮的水分蒸散量(TEWL; 無症状の前腕で測定)
C: -
O: 鶏卵、乳、タラ、小麦、ゴマ、ピーナッツ感作(皮膚プリックテスト[SPT]で評価)



【結果】
食物感作とAD重症度に有意な関連があった(aOR 6.18 [95%信頼区間:2.94-12.98], p<0.001)。
そして、その関連はFLG遺伝子変異やTEWL、ADのフェノタイプ(屈曲部位vs非屈曲部位)からは独立していた。
さらに、食物感作とSCORADに関連が認められた(SCORAD<20; aOR3.91[95%信頼区間 1.70-9.00],p=0.001)(SCORAD>=20; aOR 25.60[95%信頼区間 25.60 [95%信頼区間 9.03-72.57,p<0.001)

【コメント】
FLG遺伝子変異がADのリスク遺伝子であることが報告されているが、Eczema(=湿疹≒アトピー性皮膚炎)を発症しなければリスク要因にはならず、Eczemaを発症した場合はその重症度で感作の頻度が大きくなることがわかる。
外来で「ADは遺伝ですよね?」とい問いにコンパクトに正しく伝えることは難しいが、個人的には「乾燥しやすい体質は遺伝するかもしれませんが、きちんとスキンケアすればかなり防げると思います」とお答えしている。


 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


ハウスダスト中のピーナッツ抗原がピーナッツアレルギーのリスクを増加させる

Brough HA, et al. Atopic dermatitis increases the effect of exposure to peanut antigen in dust on peanut sensitization and likely peanut allergy. J Allergy Clin Immunol 2015; 135:164-70. 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25457149

 

P: Consortiumof Food Allergy Research (CoFAR)に参加した、鶏卵and/or乳アレルギーの病歴と中等症/重症のアトピー性皮膚炎がある生後4ヶ月の乳児512例
E: アトピー性皮膚炎の病歴と重症度 ハウスダスト中のピーナッツタンパク量
C: -
O: 12ヶ月時のピーナッツアレルギー(PA)を予測する因子



【結果】
359/512人 (70.1%)で検討に足るハウスダストが採取された。皮膚プリックテスト(SPT) ≧ 3mmもしくは特異的IgE ≧ 0.35kUA/mLでもピーナッツ摂取歴がない例は除外された。
89/209例(42.6%)が特異的IgE ≧5 kUA/mLでピーナッツアレルギー(PA)と取り扱った。 PAリスクのaORは、ハウスダスト中ピーナッツ蛋白量4log2 (μg/g); 2.10 (95%CI 1.20-3.67; p<0.01)、卵白SPT径 1.25 (1.15-1.36; p<0.001)、乳SPT径 1.14(1.06-1.22; p<0.01)、非白人 2.59(1.21-5.28)、ADの重症度が高いほどより有意だった。

【コメント】
 2008年に経皮感作に関する仮説が二重抗原曝露仮説としてLack先生から報告されてから7年が経過した。多くの論文でその証明が進行中である。Lack先生はこの論文のLast authorでもある。今後は、経皮感作のコホート試験は環境中の抗原量測定がデフォルトになってくる可能性が高い。


 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク