スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク


TEWL・皮膚水分量測定のガイドライン

 

topic

 

 経表皮水分蒸散量(TEWL)に関し、いくつかの研究結果をご紹介してきました。

 

 

 

 これらの重要性は、新生児期のTEWLが、その後のアトピー性皮膚炎や食物アレルギーの発症を予測することにもありますし、また、現在注目されている保湿剤の効果をみる指標にもなるからです。

 

 TEWL測定に関しては、多くの関連因子があり、ガイドラインをみておく必要があります。そこで、2013年にはなりますが、TEWLや皮膚水分量測定のガイドラインの紹介をしたいと思います。

 全文がフリーで閲覧可能なので、TEWL中心にすこし詳しめにご紹介します。

 

ガイドラインなのでPECOはなし

 

 結局、何を知りたい?

 ✅TEWLや皮膚水分量測定に関する標準の方法をガイドラインとして提示しようとしている。

 

結果

 

 皮膚は、体液の低下と物質(化学物質)、感染因子の侵入を防いでいるバリアとして機能し、主に角質層にバリア機能がある。
 経表皮水分喪失(Transepidermal water loss;TEWL)と皮膚水分量(skin hydration;SH)は、皮膚バリア機能を評価する指数として広く使われている。

 皮膚水分量が角質層(SC)の含水量を反映する一方、TEWLはSCからの水分の蒸散を意味する。
 皮膚バリア機能の変化はTEWL上昇によって評価され、多くの皮膚病(例えばアトピー性皮膚炎や乾癬)、実験的な皮膚の修飾(例えば溶媒・界面活性剤使用)で観察される。

 皮膚バリアの障害に関し、TEWL高値と皮膚水分量低下は、しばしば相関している。

 

 

器具使用と測定

 

 TEWLは開放型または閉鎖型で測定される。
 開放型チャンバーは周囲の空気を受け入れやすく、外部の空気の対流と乱流によって容易に影響される。そのため、気流シールドの使用を必要とする。
 閉鎖型チャンバーは、外部の空気の対流と乱流によって影響されない。

 

TEWLと皮膚に影響する因子

 

 TEWLと皮膚水分量に影響する、内因性・外因性・環境関連因子は、表にまとめられる(ここでは省略)。

 温度・感情的・身体的な機序からの発汗は、TEWLと皮膚水分量を増加させるが、測定環境への被験者の十分な順応を考慮すれば、環境温度・湿度を特定の条件の下で測定を行うことによって制御されるかもしれない。
 前腕や顔のTEWLでは、日内変動があるとする報告もあるが、日内変動はないとする報告もある。
 TEWLに影響している外的要因は、皮膚洗浄と湿的働き(局所製品使用)、化学物質曝露(溶媒や界面活性剤への曝露の頻度を含む)、閉塞、皮膚の損傷である。
 美容クリーム/ローション剤の使用がTEWL値を下げる可能性がある。

 一方、陰イオン性界面活性剤を使用した皮膚洗浄、抗菌石鹸、湿潤石鹸はTEWL値を増加させる。

 喫煙者と比較して、非喫煙者はTEWLがより低いことが示唆されている。

 

非臨床的設定のための測定プロトコル

 

 内因性・外因性・環境・測定/器具類因子の影響を最小化もしくは取り除くための、非臨床的設定でTEWLと皮膚水分量測定のためのガイドラインと最善のプラクティスを提供する。
 測定の前に、衛生的プラクティス(皮膚洗浄)、局所製品の使用(化粧品、ローション剤、肌荒れ防止クリーム、その他)、カフェイン含有飲料の摂取、喫煙に関して被験者が受け入れられるかを正確に指示する。
 TEWL測定のために、閉鎖式チャンバーは、空気の動きに影響されず、測定時間が短く(<10s)、容易な可搬性のため、推奨される。

 

製品の取扱いと器具の保管


 使用される製品によっては測定される少なくとも15-30分前にオンにされなければならない。
 器具が断続的に使われることになっている場合、スイッチを切ってはならない。

 衛生目的のために、プローブ・ヘッドは、測定後にアルコールで拭く必要がある。

 

TEWLおよび/または皮膚水分量の測定


 臨床研究のために、EEMCOは、汗を除外するために、TEWL測定前の少なくとも15−30分間環境温度(20-22°C)と相対湿度(40-60%)、皮膚水分量測定の少なくとも20分間、の順応時間が推奨される。

 測定される部位は、測定の前に、少なくとも10分間外気にさらされなければならない

 しかし、職場のような非臨床的設定では、測定のための時間に加え20分間順応することは必ずしも実行可能ではないかもしれない。

 カフェイン含有飲料の摂取は、3時間は回避される必要がある。
 意図された測定部位に対する局所製品の使用は、参加/測定の12時間は回避されなければならない。
 研究の目的が病変部位を評価することでない限り、測定は臨床的に炎症を起こした皮膚の上でなされてはならず、その位置に隣接していてはならない。
 臨床試験では、TEWLと皮膚水分量測定のための推奨された解剖学的位置は手首から離れた前腕内側であるが、他の解剖学的部位も同様にも測定されている。
 同じ解剖学的部位の3回測定の平均を結果とするよう勧められる

 

 結局、何がわかった?

 ✅TEWL測定に関し、(i) 実現可能性と、内因性・外因性・環境性・測定/器具類関連因子の影響 (ii)  閉鎖型チャンバー型TEWLによる測定 (iii) 絶対値よりむしろパーセンテージの変化の測定 (iv) ガイドラインからの顕著な逸脱に関してなど、推奨事項に関するガイドラインが提示されていた。

 

コメント

 

 アトピー性皮膚炎がバリア機能の面から注目されて以来、TEWLはさらに注目されている「非侵襲的な」皮膚検査になります。

 標準的な測定方法が求められ、ガイドラインは重要となりますので、もし研究で用いるならば目を通す必要があります。

 また、最近、閉鎖型のTEWL測定機器が開放型の代わりになるのではないかという報告があります。

 とはいえ、ガイドラインにも記載あるように、必ずしも理想的な環境による検査は難しいですし、リアルワールドでは、使いにくい面もあるといえるかもしれません。

 個人的には、リアルワールドでは、最低限エアコンで温度を一定にし安静時に測定することが重要で、研究目的であれば、出来る限りガイドラインに沿う、しかないかと思っています。

 

 今日のまとめ!

 ✅TEWL(経表皮水分蒸散量)や皮膚水分量に関して、標準的な測定方法や変動する因子に関してまとめられている。

 

■こんな記事も読まれています




■スポンサーリンク